昨日は、「東中学校1年生」、そして今日は「栄小学校5年生」の英語の授業を見学しました。

何よりも強く感じたのは、子供達が英語に対して変に構えることなく、ネイティヴの先生と明るく楽しく会話している「雰囲気の良さ」でした。

こうしたコミュニケーション能力は未来につながるものです。

「生徒の習得の差」や「『書き』とのバランス」「教材の充実」など課題はありますが、さらに目的意識を高める中で、子供達にとって有意義な授業としてゆきたいと思います。

東中学校の授業風景 栄小学校の授業風景

平成28年2月4日

吉川市長 中原恵人