3.11を翌日に控えた今晩。

中央公民館にて「防災講演会」を開催しました。

日頃より「地域での防災」をテーマにした図上訓練などで吉川市のそれぞれの地域がお世話になっている宮本先生をお迎えし、「自助・共助の大切さ」をお話しいただきました。

昨年9月の水害時には、吉川市は史上初の避難勧告を発令することとなりましたが、そこで「公助」の限界も強く感じ、

まさに宮本先生がおっしゃっているように「市民が危険を判断出来るようになる」「自治会単位での日頃からの準備、また災害時の助け合い」が大切だと改めて感じました。

「公助」の強化は施政方針でも述べましたが、それと並行して「自助・共助」への理解を深める活動もさらに力を入れていきます。

防災講演会の様子

平成28年3月10日

吉川市長 中原恵人