本日は、早朝から「花しょうぶ」を栽培し、出荷している農家さんを訪問させていただきました。

 吉川の花しょうぶ

品質日本一と言われる吉川の花しょうぶ「初霜・はつしも」。

大正末期に「豊田助次郎」氏が伊豆を旅したときの経験から、自宅にある高温の堀井戸を利用し、三輪野江地区で栽培したのがはじまりです。

「吉川の花しょうぶ」は、堀切の花しょうぶの株分けから始まっており、それは「安藤広重(歌川広重)」氏によって浮世絵にも描かれているというまさにジャポニズム。

1986年の東京サミットでは会場に吉川産の花しょうぶが飾られたこともあります。

その「吉川の花しょうぶ」を携え、埼玉県庁へ訪問し、知事や部長の皆様へご挨拶とPRを行ってまいりました。

 上田知事へ表敬訪問

 

平成28年5月11日

吉川市長 中原恵人