先日、「公共交通空白地域のシステム整備」についてご教授いただきに市原市さんへ伺わせていただきました。

 公共交通行政視察(千葉県市原市)

今後10年は人口増加が見込まれる我が吉川市も、地区ごとに見れば、高齢化が高く、人口減の地区もあり、そうした地区における公共交通システムの整備は課題の一つです。

市原市さんでもそうした状況は同じであり、10年以上前から「公共交通システムの整備」に取り組まれており、現在も全国から視察が絶えないそうで、

  • 市民自治の意識
  • 地区ごとに違うシステム など

大変勉強になりました。 

お忙しい中、お時間をいただきました、小出市長をはじめ、担当職員の皆さま、青葉台コミュニティバス運営協議会の皆さま、ありがとうございました。

 

また、龍ヶ崎市さんへも伺わせていただきました。

 公共交通行政視察(茨城県龍ヶ崎市)

コミュニティバス、デマンドタクシー等の交通政策に10年以上前から取り組まれている龍ヶ崎市さんの担当の方々からご教授いただきました。

  • 目的の明確化
  • 民間事業者との調整
  • 免許返納者や子供達などへの利用促進特典 など

大変勉強になりました。

お忙しい中、お時間をいただきました、中山市長をはじめ、担当職員の皆さま、ありがとうございました。 

 

平成28年8月3日

吉川市長 中原恵人