本日、さいたま市から戻ってからは、第4回目の「吉川市総合教育会議」。 

今回の会議のゲストスピーカーとしてお招きしたのは、マネキンや玩具の製作からスタートし、その後、炭素繊維複合材料による、二輪車、スパーカーのドレスアップパーツ、さらにF1の部品、そして現在はヘリコプター部品まで受注している「株式会社 UCHIDA」の代表取締役の内田さま。

複合材料業界の世界最大級見本市JECでは「二足歩行アシスト」に炭素繊維複合材を採用し、INNOVATION AWARDも受賞されています。

 吉川市総合教育会議      

その内田社長をお迎えし、吉川市が今年度策定する「吉川市教育大綱」に向け、「次代を担う子供達へのメッセージ」を題目にご講演、そして意見交換をさせていただきました。

内田社長の今日までの奮闘は、ご家族をはじめとするまわりの人々からの支え、そしてそれへの恩返しのストーリーでありました。

そうした中で、内田社長の積極性、一貫性、思考力、コミュニケーション力はまさに愛がベースなんだと感じました。

内田社長、お忙しい中お時間をいただきありがとうございました。

お伝えいただいたことをしっかりと「教育大綱」に活かし、大志を抱く子供達を育むことでご恩返しをさせていただきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

 

平成28年8月25日

吉川市長 中原恵人