目と耳で楽しむマリンバの世界

マリンバは、ピアノと同様の配列をした木製の鍵盤をマレットと呼ばれるバチでたたいて演奏する楽器です。軽やかな音色は耳に残り、踊るように鍵盤をたたく姿は目を奪います。

Eテレ「ららら♪クラシック」やテレビ朝日「題名のない音楽会」などのクラシック音楽番組に出演し、現在最も注目を浴びるマリンバ奏者・塚越慎子(埼玉県出身)が送るマリンバの世界をぜひお楽しみください。

実施概要

開催日時

平成29年2月18日(土曜日)
開演:午後2時(開場:午後1時30分)
終演:午後3時30分予定

会場

中央公民館ホール

入場料

500円(全席自由)

※定員480名(完売次第終了)

チケット販売場所
  • 吉川市教育委員会(生涯学習課)
  • 中央公民館
  • おあしす(市民活動サポートセンター)
  • 吉川市役所(政策室)

※各施設の開館時間にのみ販売

出演者
  • 塚越 慎子(つかごし のりこ):マリンバ
  • 志村 和音(しむら かずね):ピアノ
共催

一般財団法人地域創造

制作協力

一般社団法人日本クラシック音楽事業協会

注意事項

  • 未就学のお子さまの同伴はご遠慮ください。
  • 駐車場台数に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。
  • 公演中止の場合を除いて、チケットのキャンセル・払い戻しはできません。
  • 演奏中の入退場、写真撮影、録音等は固くお断りいたします。
  • 都合により、相応な範囲で当日の内容を一部変更することがあります。

マリンバ奏者 塚越 慎子(つかごし のりこ)

パリ国際マリンバコンクール第1位をはじめ、ベルギー国際マリンバコンクール、世界マリンバコンクールなど国内外のコンクールにて数々の賞を受賞して、現在最も注目を集めるマリンバ奏者の一人。

塚越慎子の演奏を聴いた国際的指揮者シャルル・デュトワ氏は “私の知る限り、塚越慎子ほど素晴らしいマリンバの演奏を聴いたことがない。彼女はすべてが驚くほど見事だ。その信じられないほど素晴らしいテクニックだけでなく、極めて繊細であり、そして知性に溢れた音楽家である。彼女には輝かしいキャリアが約束されている” と絶賛した。 

国立音楽大学を首席で卒業。同時に「武岡賞」受賞。また、最優秀生として皇居内桃華楽堂にて御前演奏を行う。

これまでに、第8回日本クラシック音楽コンクール打楽器部門第1位(1998年)、第2回国際マリンバコンクール(ベルギー)第2位(2004年)、第4回世界マリンバコンクール(上海)にて「The Talent Award」(2005年)、第22回日本打楽器協会新人演奏会にてグランプリ(2006年)、第2回パリ国際マリンバコンクール(フランス)第1位(2006年)等を受賞。 

ソロ活動の他、東京フィルハーモニー交響楽団、宮崎国際音楽祭祝祭管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団ほかと共演し、高い評価を得ている。

ベルギー、スイス、ポーランド、アメリカ、イギリス、アルゼンチン等で、ゲストアーティストとして招かれ、ソロリサイタルやマスタークラスを、また2009年には世界最大の打楽器フェスティバルであるPASIC(国際打楽器協会インターナショナルコンヴェンション)においてマリンバソリストとして出演するなど、国際的に活動する傍ら、国内においても、ソロリサイタル、オーケストラとの共演、アンサンブル、アウトリーチ活動等に加え、NHK「ららら♪クラシック」、NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」、「きらクラ!」、「リサイタル・ノヴァ」、テレビ朝日系列「関ジャニの仕分け∞ 2時間スペシャル」、「題名のない音楽会」等、テレビ・ラジオ、雑誌のメディアへ多数出演するなど、幅広い活動を行っている。

デビューCD「DEAR MARIMBA」は、レコード芸術誌で特選盤に選ばれる。最新盤はオクタヴィアレコードよりリリースした「Passion」。このアルバムはジャズ・ピアノの巨匠、山下洋輔から絶賛される。

2012年、出光音楽賞受賞。打楽器奏者として初めての受賞となる。またジブリの森美術館ではオール・ジブリ・プログラムを演奏するなど、クラシックにとらわれない幅広いジャンルの演奏活動をしている。

2016年3月に出演したテレビ朝日系「題名のない音楽会」は大反響を呼び、CDの品切れも相次いだ。7月に出演したNHK-Eテレ「ららら♪クラシック」では事務員姿でタイプライターを楽器のように演奏し、話題となる。女性4人組マリンバ・アンサンブル“マリンバ・フル”でも活動中。

国立音楽大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。米・Innovative Percussion契約アーティスト。

 イベントチラシ

塚越慎子・マリンバコンサートチラシ [872KB pdfファイル] 

公共ホール音楽活性化事業(通称:おんかつ)

このコンサートは、一般財団法人地域創造の「公共ホール音楽活性化事業(通称:おんかつ)」によるものです。全国オーディションで選ばれたクラシック音楽のアーティストと専門家のコーディネーターを、公共ホールに派遣し、アーティストとホールが共同で企画した学校・福祉施設での交流プログラムと、ホールでのコンサートを実施します。

吉川市では、2月16日(木曜日)と17日(金曜日)には地域交流プログラムとして市内小学校のうち数校にアーティストが派遣され、4回のミニ・コンサートを実施し、児童と音楽を通して交流を図ります。

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)