先日、国土交通省関東地方整備局「下館河川事務所」へ。

 国土交通省関東地方整備局「下館河川事務所」  鬼怒川の工事現場

今年の4月には、前常総市長の高杉氏にお時間をいただき、昨年9月の鬼怒川決壊による水害時のお話しを、行政側からの視点で伺わせていただきました。

また10月には、『常総地方広域市町村圏事務組合消防本部』へお伺いし、消防からの視点で、当時の現場での様子や今後の災害対応等を伺いました。

そしてこの日は、国土交通省関東地方整備局 「下館河川事務所」へお伺いし、まさにいま、河川改修をおこなっている現場の方々から河川改修の概要、当時の様子、現在の改修状況等を伺いました。

昨年の9月9日~10日の線状降水帯による大雨では、吉川市でも史上初の「避難勧告」を発令することとなり、常総市での災害は、まさに「対岸~」の話しでは無く、

 

自治体連携の中で「水防災意識社会」の再構築を目指し、ソフト・ハード対策を推進する「鬼怒川緊急対策プロジェクト」の取り組みは非常に勉強になりました。

お忙しい中、お時間をいただいた内堀室長さま、豊原専門員さま、大変お世話になりました。

 

平成28年11月17日

吉川市長 中原恵人