先日、茨城県境町さんへ伺いました。

古くは江戸と奥州を結ぶ交通の要所として栄え、坂東太郎といわれる利根川が流れる「川のまち」境町。

そんな境町はいま、41歳の橋本正弘町長を先頭に、教育、観光など様々な先進的取り組みを推進しており、注目の自治体です。

この日は、2月26日開通の圏央道「境古河インター」周辺開発予定地や、「ふれあいの里公園」「歴史民俗資料館」「道の駅さかい」を訪ねた後、

 境町歴史民俗資料館  道の駅さかい

役場で開催された「総合戦略会議」に参加させていただきました。

 境町総合戦略会議

総合戦略会議の委員さんは日本を股にかけご活躍されている方ばかりで、とても創造的かつ刺激的な議論が展開され、吉川市政へのヒントをたくさんいただきました。

 

会議参加後は、委員の一人でもある塚原社長が経営する「塚原牧場」へ伺わせていただき、幻の豚と呼ばれる「梅山豚・めいしゃんとん」を見学!

 塚原牧場:梅山豚(めいしゃんとん)

境町を学んだ1日、大変有意義な時間となりました。

 

橋本町長をはじめ、職員の皆さん、委員の皆さん、そして塚原牧場の皆さん、大変お世話になりました。

ありがとうございました!

 

平成29年2月9日

吉川市長 中原恵人