第1回減災プロジェクトin美南小学校区 ~関係機関・民間協定団体編~

防ぎきれないものが「自然災害」だという謙虚な気持ちから「自助」の意識を育む為に、市では「減災」という言葉をキーワードに災害対策を進めています。

そうした中、先日、美南小学校を会場とし、大規模な地震を想定した、第一回目の「減災プロジェクト」を開催。

今回の訓練は、これまでのようなみせる訓練」、「形だけの訓練」ではなく、東日本大震災や熊本地震の教訓を踏まえ地域住民主導の参加型訓練とし、より実践に近い訓練としました。

 災害対策本部模擬訓練

また、初めて、災害時に私達の吉川市を支援してくださる陸上自衛隊「第32普通科連隊」の皆さんにも訓練に参加いただきました。

そうした陸上自衛隊の皆さんや埼玉県警察、埼玉県防災航空隊の皆さんと

 倒壊建物救助救出訓練(陸上自衛隊・吉川消防署との合同訓練)  高所救助訓練(埼玉県防災航空隊)  

吉川市の消防や建設業協会、青年会議所など災害応援協定を結ぶ民間団体が連携しての実演訓練は非常に意義あるものでした。

 道路啓開訓練(吉川市建設業協会)  ライフライン復旧訓練

また、その実演訓練を多くの市民の皆さんが目にしたことは、「これほど多くの関係機関・民間協定団体の力により、吉川市が守られているんだ」と理解する一歩になったのではないでしょうか。

 

参加いただいた関係機関・民間協定団体の皆さん、本当にありがとうございました。

今日の訓練の振り返りを行い、次の「減災プロジェクト」に活かし、いざというときへの対応力を高めてゆきます。

 

平成29年2月20日

吉川市長 中原恵人