市内の企業の現場に伺う中で、民間と行政の新たな連携を構築する「企業訪問 共に未来を」。

今回は中川沿い、吉川市と松伏町の境に位置する「株式会社ハマノ」さんへお伺いさせていただきました。

 会談の様子

「株式会社ハマノ」さんはトラックエンジン用の高精度・高強度ボルトメーカー。

日野のトラックをはじめ、極めて高い信頼性を要求されるエンジン用ボルトなどトラックの多くの部分の製品を担っています。

 工場を見学する中原市長  説明を受ける中原市長

つまり、吉川市民の多くが、直接間接問わず、お世話になっていると言えます。

この日は、冷間鍛造・熱間鍛造等々、様々な加工設備による一貫生産の製造面でのお話しはもちろん、起業時のお話しから、リーマンショックを乗り越えてゆくお話し、また現場危機管理、職員教育など、まさに「下町ロケット」のドラマのような悲喜こもごも、そして大いなる情熱を感じるお話しを伺えました。

成長している企業は、やはり強い理念を持ったトップ、そしてそれを実行する社員達が一丸となっています。

そうした運営姿勢を学ばせていただきながら、今後様々な形で企業と行政の連携を図れればと思っています。

お忙しい中、お時間をいただいた「株式会社ハマノ」の皆さま、ありがとうございました!

 

平成29年3月6日

吉川市長 中原恵人