3月12日の日曜日は、「第一回・吉川市産業フェア」を開催!

「吉川市内企業の『技術力』や『製品』の素晴らしさを知ってもらおう」という理念に賛同してくださった延べ50社以上の企業の皆様に、会場内での工業展・就職相談会、また「ものづくり企業ガイドブック」への掲載等、ご協力をいただきました。

また会場には閉会まで常に来場者があり、大盛況!

吉川駅南口の「金のなまずモニュメント」や吉川美南駅自由通路の漆壁画「木精」の製作者で人間国宝の室瀬和美氏の「ものづくり そのおもしろさ、難しさ、可能性」についてのご講演は「文化と産業の両輪での発展」「ものづくりによる自治体の独自性発揮」等、非常に示唆に富んでいましたし、

 人間国宝の室瀬和美氏による基調講演  パネルディスカッション

私と市内企業の若手経営者3人とのパネルディスカッション「企業のミライ・地域のミライ」では、企業と行政の今後の連携における課題も浮き彫りになりました。

 

また、吉川市版グッドデザイン・グッドプロダクト賞の「よしかわ ものづくりアワード」表彰式では、

【大賞】角コイルヒーター/ナショナル電熱株式会社さま

【優秀賞】次世代AGV/田辺工業株式会社さま

【特別賞】子供用桐家具/厚川産業株式会社さま

【特別賞】レザーデキャンタ/株式会社フォリオデザインさま

の皆さんがそれぞれ受賞されました。

本当におめでとうございます!

 挨拶する中原市長  「よしかわ ものづくりアワード」表彰式

選考委員長の室瀬先生の「ものづくりの為のものづくりをしている企業が大賞をとる素晴らしさ。この結果は今後の『ものづくりアワード』の価値を高める」というお言葉に皆が深くうなずいていました。

 

午後からの、室瀬和美氏の指導による「子供達のものづくり体験教室~蒔絵体験」では子供達も真剣。

参加者に話をする室瀬先生  体験する中原市長

私も参加させていただき、室瀬先生から直々にご指導をいただきました。

次回の「産業フェア」でも必ず「子供達のものづくり体験」を企画しようと室瀬先生から嬉しいお言葉もいただきました。

 

当日会場で配布した市内の企業を紹介する「ものづくり企業ガイドブック」も好評!

 吉川市ものづくり企業ガイドブック  

この誌面を通して、販路拡大や企業間の新たな連携が生まれる可能性を感じました。

 

盛りだくさんの企画を展開し、市内の産業振興への新たなスタートを切ろうと企画した今回の「産業フェア」。

ご協力、ご来場いただいた皆さんの力で大盛況のうちに終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

 

こうした機運の高まりの中で、「産業振興条例」の制定や、さらなる「産業支援政策」の形成を行っていきます。

「吉川市のものづくり」、その未来を皆さんと共に創りあげてゆきたいと思います。

 

平成29年3月15日

吉川市長 中原恵人