計画の趣旨

吉川市自殺対策計画

我が国の自殺者数は、1998年以降、3万人を超える高い水準が続き、2003年には最多となりました。その後、横ばい状態が続き、2010年以降にようやく減少傾向となりました。このような深刻な状況を受け、2016年に「改正自殺対策基本法」が施行され、市町村は、「自殺総合対策大綱」及び「都道府県自殺対策計画」並びに地域の実情を勘案して自殺対策計画を策定するものとされました。

埼玉県では、「埼玉県地域保健医療計画」や国の「自殺総合対策大綱」の趣旨をふまえつつ、2008年に策定した「埼玉県自殺対策推進ガイドライン」を進化・発展させ、自殺対策基本法第13条第1項に基づき、2018年3月に「埼玉県自殺対策計画」が策定されました。本市では、このような国や県の動向をふまえ、すべての人がかけがえのない個人として尊重される社会「誰もが自殺に追い込まれることのない社会」の実現を目指して、「吉川市自殺対策計画」を策定します。

計画の概要

計画の位置づけ

本計画は、自殺対策基本法第13条第2項によって、策定が義務付けられている市町村自殺対策計画です。策定にあたっては、国の「自殺総合対策大綱」の趣旨をふまえつつ、「埼玉県自殺対策計画」との整合性を図ります。

また自殺対策は、保険、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携が図られ、生きることの包括的な支援として実施していく必要があります。そのためにも本計画では、各分野にわたるさまざまな施策を「自殺対策」という観点から整理し、各種関連する施策と連動させていけるよう、統合性を図ります。

計画を策定しました

吉川市自殺対策計画

自殺対策計画策定委員会

計画を策定するために吉川市では保険・医療・福祉・教育・労働・法律・警察の関係者で構成される「吉川市自殺対策計画策定委員会」を設置し計画案を検討しています。

第1回自殺対策計画策定委員会.pdf

第2回自殺対策計画策定委員会.pdf

第3回自殺対策計画策定委員会.pdf

パブリックコメントの実施【終了】

市民の皆様のご意見を計画に反映させるため、平成30年12月28日(金曜日)から平成31年1月27日(日曜日)にかけてパブリックコメントの募集を行ったところ、意見はありませんでした。

自殺対策計画素案

表紙.pdf

第1章 計画策定にあたって.pdf

第2章 自殺の現状.pdf

第3章 自殺対策を推進するために.pdf

第4章 自殺対策計画の展開.pdf

自殺対策計画を効果的に策定するために.pdf

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)