保護者(ほごしゃ)など有権者(ゆうけんしゃ)のかたと一緒(いっしょ)投票所(とうひょうじょ)へいこう!今年度(こんねんど)選挙(せんきょ)がたくさんあるよ!

 家族で選挙へゴー こどもスタンプラリーのロゴスタンプ台とスタンプの画像イラスト

 8(がつ)25(にち)日曜日(にちようび))は、埼玉県知事選挙(さいたまけんちじせんきょ)投票日(とうひょうび)です。

 18(さい)にならないと、みんなはまだ投票(とうひょう)できないけれど、ルールを(まも)れば、保護者(ほごしゃ)一緒(いっしょ)投票所(とうひょうじょ)(はい)れるよ。

 ()どもの(ころ)(おや)投票(とうひょう)について()ったことのある(ひと)は、「将来(しょうらい)投票参加率(とうひょうさんかりつ)(たか)い」という結果(けっか)もあるんだ。

 将来(しょうらい)有権者(ゆうけんしゃ)になるみんなも、未来(みらい)のために、保護者(ほごしゃ)など投票(とうひょう)できるひとと一緒(いっしょ)に、投票所(とうひょうじょ)()ってみよう!

 各投票所(かくとうひょうじょ)()くと、なまりんスタンプをおした台紙(だいし)がもらえるよ!

投票所(とうひょうじょ)でのルールを(まな)ぼう!

投票所(とうひょうじょ)では(しず)かにするよ!

投票所(とうひょうじょ)では大きな声で話したり、お父さんやお母さんが用紙に書く名前を言ったりしてはいけないよ。

投票所(とうひょうじょ)ではスマホやカメラで写真(しゃしん)()れないよ!

投票所(とうひょうじょ)での写真撮影(しゃしんさつえい)は、ほかの(ひと)がいやだなあと(かん)じるよ。

インターネットやSNSの使(つか)(かた)にも注意(ちゅうい)

18(さい)になっていない(ひと)は、選挙運動(せんきょうんどう)特定(とくてい)候補者(こうほしゃ)当選(とうせん)をはかることまたは当選(とうせん)させないことを目的(もくてき)投票行為(とうひょうこうい)をすすめる)が、法律(ほうりつ)禁止(きんし)されているんだ。(つぎ)のようなことはできないから()()けよう!

できないこと
  • 掲示版(けいじばん)やブログに()きこむ
  • 動画共有(どうがきょうゆう)サイトにのせる
  • SNSでリツイートやシェア、ハッシュタグなどで(ひろ)める
  • (おく)られてきた選挙運動(せんきょうんどう)のメールをほかの人に(おく)る  など

保護者の方へ

目的

総務省の調査によれば、子どもの頃に親の投票について行ったことのある人は、ない人に比べて将来の投票参加率が20ポイント以上高くなるという結果も出ています。そこで、吉川市選挙管理委員会では、子どもたちに早期から選挙に対する啓発を行い、実際に選挙の場に行き、目で見て、感じることの大切さを踏まえ、埼玉県知事選挙(令和元年8月25日)から、「家族で選挙へGO!こどもスタンプラリー」を実施します。

実施方法

対象

吉川市内在住の18歳未満

内容

埼玉県知事選挙(令和元年8月25日)について、家族や保護者などの有権者と一緒に各投票所に来た子どもたちに、なまりんスタンプを押したスタンプ台紙を配布。以降行われる選挙で、スタンプラリーを継続します。