「市民の声」にいただいたご意見と、それに対する市の回答をご紹介します。

中央公民館前歩道の縁石の安全対策と駐車場増設について(平成31年3月27日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

(1)中央公民館前(正面玄関付近)の舗道の縁石が暗くなるとよく見えなくて自転車で転んだ人や歩いていてつまづいてころびそうになったというお話をよく耳にいたしますので、先日暗くなってから(8時頃)現場を見に行きました。確かに正面玄関前には一切街灯がなく、玄関前の舗道の南北に渡り暗くて危険な箇所があります。(高齢者は特に)出来れば街灯をつけるなり、縁石がよく見えるような対策を講じていただければ市民の安全の確保につながります。大きな事故が起きてからでは遅いので、よろしくお願いいたします。
添付は大変大雑把ですが図示しておきました。ついでになりましたが、公民館前の駐車場にも灯りがありませんね。それに畑のほうのサイドにはストッパーがありませんので、暗闇での運転は危険ですね。こちらも何か対策を講じていただければ有難く思います。
(2)高齢化社会を迎え、市内で趣味や文化・芸術を楽しむ人が増えてきたことや又、最近公民館での行事が以前に比べ大変多くなってきています。公民館全体を使う作品の発表会(以前は文化祭くらいでしたが)や、ホールを使う芸術の発表会などの度に市民が作品の搬入・搬出等に手間取り、公民館の前に延々と長蛇の列が出来てしまいます。
土地の問題や経費の問題などいろいろとあると思いますが、出展する人も、観る人も駐車場の心配をせず、公民館の行事に参加できれば、これからの活動も益々活発になて行くと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

回答内容

ご意見ありがとうございます。以下のとおり回答させていただきます。
(1)中央公民館前の歩道の縁石および街灯の設置について
現地を確認しましたところ、中央公民館前(正面玄関付近)の歩道の歩車道境界ブロック(縁石)の一部に視線誘導標が破損している箇所がございましたので、交換を行いました。また、歩車道境界ブロックの端部に視線誘導標が未設置の箇所がございましたので、設置を行いました。
中央公民館正面玄関前の歩道あたりが暗いとのご意見でございますが、街灯を設置する場合は電柱に取り付けをしております。現地を確認したところ周辺に電柱がないことから、すぐに街灯を設置することは難しい状況です。そのため今後、電柱への取り付け以外の手段を検討してまいります。
(2)中央公民館の駐車場の増設について
公民館の駐車場につきましては、地権者のご理解とご協力を頂き、管理・運営を行っているところですが、収容台数には限りがあるため、ご不便をおかけすることがございます。
市といたしましても課題と認識していることから、駐車場の混雑緩和について検討してまいります。また、夜間の駐車場が暗くなること等につきましても、利用者の安全確保について検討してまいります。

担当課

  • 駐車場の増設・街灯の設置について、生涯学習課、電話、048-984-3563
  • 電柱への街灯取り付けについて、危機管理課、電話、048-940-1072
  • 縁石について、道路公園課、電話、048-982-9814

 

公民館駐車場の件(平成31年3月27日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

私達サークルは三カ月に1回利用しています。(サークル名●●)
その時は、駐車場は充分足りていますが、文化祭や市民の集まりの行事、車を止めるのに大変です。もう少し広げる計画はありますか?
また、夜車を止める時、暗いのであかりが必要と思いますので、よろしく。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
公民館の駐車場につきましては、地権者のご理解とご協力を頂き、管理・運営を行っているところですが、収容台数には限りがあるため、ご不便をおかけすることがございます。
市といたしましても課題と認識していることから、駐車場の混雑緩和について検討してまいります。また、夜間の駐車場が暗くなることにつきましても、利用者の安全確保について検討してまいります。

担当課

生涯学習課、電話、048-984-3563

 

公民館の駐車場について(平成31年3月27日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

私達サークルは文化祭やカラオケ大会の合い間に舞台に出ています。その時、大勢の方が見えるので、駐車場がいっぱいで車を止めるのに大変苦労します。もう少し広げる計画はないのですか?
又、今じゃりのところも囲いがないのであぶないし、夜の行事の時、あかりがあるといいなと思います。公民館入口に近いえん石もあかりが届かない所はつまづきそうであぶないと思いました。
これは私個人の考えですが、70歳以上の人は無料となっていますが、使用料として備品を使う(机など)ので1サークル100円くらいとってもいいと思います。それか年齢を75歳くらいにしては(無料)
※ボランティアの人達は別です。
(サークル名●●)

回答内容

ご意見ありがとうございます。
公民館の駐車場につきましては、地権者のご理解とご協力を頂き、管理・運営を行っているところですが、収容台数には限りがあるため、ご不便をおかけすることがございます。
市といたしましても課題と認識していることから、駐車場の混雑緩和について検討してまいります。また、夜間の駐車場が暗くなること等につきましても、利用者の安全確保について検討してまいります。
なお、公共施設無料利用証につきましては、高齢者等の経済的負担の軽減と合わせて、社会参加の促進、介護予防につながるものと考え、今後も引き続き現行のとおり実施してまいりたいと考えておりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

担当課

  • 中央公民館の駐車場について、生涯学習課、電話、048-984-3563
  • 公共施設無料利用証について、長寿支援課、電話、048-982-5118

 

吉川美南駅自由通路への自転車乗り入れについて(平成31年3月25日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

吉川美南駅自由通路について日頃より市長や市職員皆様の市政への取り組み心強く感じております。吉川美南駅自由通路の自転車乗り入れについて要望、質問したく連絡しました。
現状、自由通路に繋がるエレベーターやエスカレーターには「自転車の乗り入れ不可」との表記があり、また自由通路の案内には同様に自転車乗り入れ不可との表記があります。これをエレベーター、エスカレーター、通路共に「自転車を押して運ぶことは可」として頂けないでしょうか。また、既存で不可としている理由も教えて頂きたくお願いいたします。
要望している理由ですが、小さな子供を連れて自由通路を行き来したい為です。現在、駅西側に居住しており3歳の娘を連れて駅東にある霊園に墓参りに行っております。娘は自分の自転車で墓参りに行きたがっていますが、前述のよう駅自由通路の状況てす。中曽根跨線橋の使用も検討しましたが、この橋の線路西側には歩道がなく、また線路西側の道路も同様に歩道がありません。3歳児を連れて歩くには安全が確保できません。
もし自由通路を自転車を押しての往来が許されるなら、周りの方の通行には配慮して、皆さんの安全を損なうことはないように致します。ご検討下さいますようお願いいたします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
吉川美南駅自由通路は、高齢者の方や小さなお子さん、車いすの方など様々な方が利用する施設でございます。
当該施設への自転車の乗り入れにつきましては、予期せぬ事故等につながるおそれが高いことなどから、管理上支障を及ぼすおそれのある行為としてご遠慮いただいております。
つきましては、●●様のご家族をはじめ、全ての利用者の方が予期せぬ事故等に巻き込まれないよう、今後とも、当該施設の利用について、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

担当

道路公園課、電話、048-982-9827

 

グループホームの増設について(平成31年3月25日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

精神障害のある自分の居場所について悩んでいます。母亡き後、家を維持するのは、経済的に大変です。外壁を直したり、風呂釜を取り替えたりするのに、大きなお金がかかります。かといってアパートは借りられない。悪くない条件のアパートを沢山見せてもらいましたが、すべて3親等以内の身内の保証人が必要。
本来はグループホーム希望なのですが、この30年間でグループホームは、さほど増えていない。グループホームの希望者は多くて、4人定員のホームが新設されたりすると、すぐに埋まる。
もっと行政が業者に公募をかけ、計画的に増設していくようでなければ、この問題は解決しない。ニーズはあるので、増設してほしい。精神障害者が居場所がなくてホームレスになるようなことがあってはならないと思います。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
障がいをお持ちの方々にとって、親亡き後に、ご自宅を維持・管理するには、経済的にも、精神的にも負担がかかると考えております。
市内のグループホームの数は、今年度2か所が新たに開所し、5か所となっており、40人前後の方が入居しております。また、市外のグループホームに入所している方も20人ほどとなっております。近隣市町のグループホームの数も増えており、越谷市29か所、草加市7か所、三郷市13か所、八潮市6か所、松伏町1か所となっております。
ご提案のグループホームの増設については、第4次障がい者計画においても、グループホームの必要性、あり方についての検討を位置づけてあり、地域での生活を考える検討会議を開催しておりますので、その会議の中で、今後のグループホームのあり方について、総合的に検討してまいります。
また、ご自宅での生活についての不安について、市障がい者相談支援センターすずらん、もしくは障がい福祉課にご相談いただければ、解決に向けて支援していきます。

担当課

障がい福祉課、電話、048-982-5238

 

障害者手帳および自立支援の手続きについて(平成31年3月20日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

精神障害者手帳、自立支援のことでお願いがあります。私は民間企業で障害者雇用で働いています。自立支援は年に1回、障害者手帳は2年に1回、更新の手続きが必要になります。市役所の障がい福祉課へ会社を休んで行きます。書類を取りに行くのに会社を1回休み、申請に会社を1回休み、精神障害者手帳を受け取りに行くのに会社を1回休み、合計3回会社を休まなくてはいけません。
私は精神障がいのため体調が安定せず会社を休みがちですがなんとか有給の範囲内で会社に通勤しています。この他に市役所へ障害者手帳や自立支援のために3回も会社を休むのは大変苦しいです。そこでお願いですが障害者手帳、自立支援の申請、障害者手帳の受取等、全ての手続きを土日も開庁している吉川駅前のサービスセンターで行えるようにしていただけないでしょうか?
市役所の業務が大変お忙しいところご迷惑をおかけしますがご検討の上実施していただけると非常に助かります。また、障害者手帳、自立支援の全ての手続きを駅前のサービスセンターで毎日行うのが大変な場合は、月に土日2日間ほどできないでしょうか?(例:毎月第2第4土曜日)
お手数をおかけして大変恐縮ですがご検討いただけると助かります。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
ご指摘のとおり、自立支援医療や障害者手帳には更新手続きが必要であり、その都度ご来庁いただき手続きをお願いしております。
ご来庁が難しい場合は、郵送による手続きも可能です。障がい福祉課に電話等により郵送希望の旨をお話いただければ、郵送での手続き方法についてご案内させていただきます。
ご提案のサービスセンターでの手続きについてですが、人員配置の問題や事務の正確性の観点から難しいと考えております。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

担当課

障がい福祉課、電話、048-982-5238

 

選挙に関する投票対策(平成31年3月19日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

県選挙、議員、裁判官、市長選。毎回、聴覚+視覚障害の盲ろう者に対して、配慮がない。
障害者計画の中では(P17)、点字による投票や指差しによる意思表示の投票など、視覚障害のある方へ「音声版選挙公報」を配布するなど書いてあるが、成人になってから選挙権を受け、家に候補者ビラ、チラシが入ってくるが、字が小さくてカラー使いの文字で読めない。何を言いたいのか、選挙語、行政語で内容が理解できない。
聴こえないため、実際に選挙投票会場へ行き、まず受付で毎回障害があることをメモに書いているのに、また、選挙管理職員の話が早い。(私は仕事をしているため、前日投票所で数回行っている)自宅に郵送は健常者と同じ。どうして受付で選挙権の用紙と障害者手帳を提示して、さらにメモをつけているのに理解しないのか。
視覚障害の前に、弱視で文字が読めないときもあった。視覚障害者手帳を受けたときに、自分がサインペン太字で書いているのに受付側はボールペンでメモを書く。その時点で私には読めないことに対して、理解不足の職員。
自分で候補者を書くとき、ひらがなまたは漢字は書きやすいときは書くが、代筆は認められない。
弱視+拡大機器(携帯型)を見ながら書いた。用紙は小さく幅が狭い。毎回エンピツで薄く細い字になる。自分の意思表示と指差しができない。盲ろう者に対して考えてほしい。同じ市に在住している以上は、選ぶ権利もある。よくなってほしい希望を選びたい。毎回、残念ばかりです。
今回、市役所が移転しても、市役所内外周辺不便です。見える、聴こえる人ばかりじゃない。もっと議員も市長も障害団体に入っていない障害者本人の声を聴いてほしい。何のための行政?福祉?言葉だけで並べて終わってほしくない。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
投票に際しまして、大変不快な思いをさせてしまいましたことをお詫びいたします。
期日前投票所及び投票日当日の各投票所におきましては、視覚障害のある方を対象に点字器をご用意させていただいております。また、代理記載を希望される方につきましては、投票管理者から選任を受けた代理投票の補助者による代理投票をすることができますので、今後はお気軽にお声かけください。
また、受付における選挙事務従事者の対応につきましては、接遇の改善を図り、視覚障害のある方でも快く投票ができる投票所となるよう努めてまいります。

担当

選挙管理委員会、電話、048-982-9572

 

グループホーム建設についての要望(平成31年3月19日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

市内は知的・精神のグループホームが多い。肢体不自由、視覚・聴覚障害、盲ろう者に対して、県内も少ない。さらに市内探してもない。
吉川市は都市計画のときに吉川美南地区に小中学校や保育施設を設けているが、どうして福祉施設のスピード設置がない。何年も、声出しても、市は予算がないと言葉で片づける。
逆に重度障害者・児は、吉川市に住みにくい街になってる。
私は、聴覚・視覚障害ときから、高校卒後社会人になって、同じ障害仲間を知ること少なかった。しかし、親も高齢になって、重度障害をもつ私が、親の介助と介護を行っていく。また、親と同居できなくなってくる場合(今後の生活質)もある。
私は賃貸アパートで、幼児から市内を転々と引っ越しているが、あるとき母の両膝の手術がきっかけで、母は長年勤めた会社を退職した。同時期にアパートの部屋の改善が必要になり、市内物件の不動産へ一人で行き筆談した。しかし、聴覚・視覚障害のため保証人必要、また貸すことができないと言われた。物件多く、市外の三郷市・越谷市物件探したが、自分の収入や務めてる会社への通勤など多く困難がありました。そこで福祉課に行き相談し、いろいろと助言をもらい、現在市内に在住ですが、賃貸アパート物件は、今後も障害があっても簡単に住めない、契約での困難もあり、身寄りがないため、私はグループホームなど盲ろう者向け施設はとても大事場所だと思います。居住場所なければ食もできないし、働くこともできないと考えてます。
今後、吉川美南駅近くまた交通がバリアフリーになっているエリアで、グループホームを考えてほしい。
聴こえない、見れない、見えにくい世界で、居住がなくなるのはとてもつらいです。市長・議員も健康体だから、どこまで理解しているのか知らないけど、音ない、光ない世界で、365日を体験して、一人で生活できるか、他の作業ができるか、知ってほしい。

回答内容

ご意見ありがとうございます。視覚障がいと聴覚障がいの重複障がいをお持ちで、見えない、聴こえない状況は、日常生活においても様々な不便が生じているとお察しいたします。
障害者総合支援法は、精神障がい、知的障がい、身体障がいを区別することなく、すべての障がいをお持ちの方々が等しく福祉サービスを利用できることになっており、共同生活援助のグループホームも障がいの種類による利用の制限はありません。現在、市内にグループホームは、5か所あり、40人前後の方が入居しています。また、市外のグループホームに入居されている方も20人ほどいらっしゃいます。
親亡き後の住まいをどのようにするかは、障がいを持つ方にとって、重要な課題で、住み慣れた地域で生活することが何よりも安心した生活が送れると考えております。第4次障がい者計画においても、グループホームの必要性、あり方についての検討を位置づけてあり、住み慣れた地域で生活できるよう、福祉事務所、障がい者家族会、特別支援学校教員などを交えた地域での生活を考える検討会議を開催しておりますので、その会議の中で、今後のグループホームのあり方について、総合的に検討してまいります。

担当課

障がい福祉課、電話、048-982-5238

 

障がい者の就労相談窓口についての要望(平成31年3月19日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

就労は盲ろう者としてはとても重要だが、企業とハローワークと就労支援センターも盲ろう者障害を理解してほしい。
先に聴覚同時に視覚障害。聴こえない+弱視+視野狭い。自分も、何度も経験して、ハローワークに助けてもらいながら現在勤めているが、市内に障害窓口あっても、専門性が必要になっていく。市内に専門職員を設置してほしい。
企業も考えているが、なかなか窓口相談の設置がなく、現場で話し合う形になっていく。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
吉川市就労支援センターには、盲ろう者に関する専門職員を配置できておらず、ご不便な思いをされていることと存じます。
ご提案の専門職員を配置することは、現時点では難しいと考えておりますが、今回いただいたご意見を就労支援センターと共有し、盲ろう者に関する知識や理解を深めていくよう努めてまいります。また、企業に関しましても、就労支援センターを介して、盲ろう者への理解促進を図ってまいります。

担当課

障がい福祉課、電話、048-982-5238

 

歩道の点字ブロックおよび信号機の改善についての要望(平成31年3月19日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

視覚障害で、日常生活は一人で白杖を使い歩行できるが、病院・遠出のときは盲ろう者通訳介助員派遣事務所を依頼して、一緒に行きます。
駅に向かう道で、歩道点字ブロックとレンガ石の模様・柄のへこみで、区別ができない。スムーズに歩けない、白杖が突きささる。レンガ石と点字ブロックのつなぎ目盛りあがり段差あり。
信号機に音声あるが、盲ろう者は音・光が判断できない。新しい新型信号機(別紙資料あり)を考えてほしい。
吉川駅南口側にメンタル・皮膚科病院に行くときに、毎回ロータリー周辺の信号なく、盲ろう者通訳介助員さんも「この場所危ない」と言われます。
自分も弱視で車の動き見れるが、十分な安全確認して歩道渡るのに時間がかかる。
吉川市役所の周辺も交差点遠く、太陽と重なると信号判断できない。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
歩道のブロック等における段差につきましては、一部に補修を必要とする箇所が見受けられましたので、早期に対応してまいります。また、模様のあるブロック設置などの歩道の構造につきましては、道路の舗装補修工事等とあわせて検討するとともに、信号機の改善につきましても、吉川警察署へ相談するなど、歩行者が安全に通行できるよう関係機関と連携してまいります。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9827

 

温水プールを利用するサークルについて(平成31年3月18日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

サークルの数が多すぎる(7)ためコース制限が多く一般利用者としては、利用しにくい面が多々ある。
これ以上サークルを多くするのはやめて欲しい。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
日頃より、屋内温水プールをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
市では、水泳を通じた健康の保持増進、体力づくり、生きがいづくり、仲間づくりなどを推進するため、夏季期間(7月と8月)などを除き、最大2コースまで専用コースを設け、一定の登録要件を満たした団体が利用しております。専用コースの利用や各種教室の予定につきましては、温水プールロビーに週間予定表を設置してございますので、ご利用する際の参考にしていただくことができます。
なお、大会の開催や月次の予定につきましては、温水プール職員までお問い合わせください。ご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

担当課

スポーツ推進課、電話、048-982-6800

 

精神障がい者向けのグループホームの増設について(平成31年3月18日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

精神障害者向けのグループホームが全く足りていません。昔からあるグループホームは出ていく人がいないので、新しい人が入居するためには新設するしかないのですが・・・。
グループホームの恩恵に預かれている人はごく一部の人でしょう。まだ若くて家族と暮らしている人でも、親亡き後、家族の支援がなくなってから自立して住むのにグループホームを選択する人は増えると思います。家を維持していけるだけの経済力がある精神障害者は少ないでしょう。かといって、アパートは借りづらい。精神障害があって、3親等以内の身内の保証人がいない人がアパートを借りることは困難です。家を維持できない理由があって、行き場所を失えば、最悪、ホームレスになりかねません。それを防ぐ意味でも、グループホームの存在意義は大きいと思うのです。
積極的に、行政のリードで業者を公募し、計画的に増設していってほしい。福祉を改革していってほしいのです。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
障害者総合支援法は、精神障がい、知的障がい、身体障がいを区別することなく、すべての障がいをお持ちの方々が等しく福祉サービスを利用できることになっており、共同生活援助のグループホームも障がいの種類による利用の制限はありません。現在、市内にグループホームは、5か所あり、40人前後の方が入居しています。また、市外のグループホームに入居されている方も20人ほどいらっしゃいます。
親亡き後の住まいをどのようにするかは、障がいを持つ方にとって、重要な課題で、住み慣れた地域で生活することが何よりも安心した生活が送れると考えております。第4次障がい者計画においても、グループホームの必要性、あり方についての検討を位置づけてあり、住み慣れた地域で生活できるよう、福祉事務所、障がい者家族会、特別支援学校教員などを交えた地域での生活を考える検討会議を開催しておりますので、その会議の中で、今後のグループホームのあり方について、総合的に検討してまいります。

担当課

障がい福祉課、電話、048-982-5238

 

吉川市でITを利用して行っている事業について (平成31年3月13日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

吉川市がITを使って行っていることを教えてください。例えば地域情報をYouTube、LINE等で公開するなど市民がわかりやすい形で実践しているものをお答えいただければと思います。
またもし計画していることがあればそちらも合わせてお願い致します。

回答内容

吉川市では、さまざまな業務等においてIT技術を導入しておりますが、市民の皆さんに分かりやすく情報をお伝えする事業としましては、公式ウェブサイト・子育て情報サイト「ママフレ」・庁舎内デジタルサイネージでの情報発信、市政・観光情報等の動画をYoutubeで公開、スマートフォンアプリ「マチイロ」での広報紙等の配信などを実施しております。
また、大規模災害発生時などに市民の皆さんが情報を取得できるよう、Twitter、メール配信、Yahoo!ブログ、Yahoo!防災速報アプリなどを利用し、多様な手段での情報発信に取り組んでおります。
なお、子育てや子どもの健康に関する情報などをまとめたアプリを今後導入する予定です。

担当

政策室、電話、048-982-5112

 

診療明細書の発行について(平成31年3月13日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

本日、市内の「●●●」へ初診で行ったところ、会計の際、「診療明細書は次回から省略していいですか。うちはみなさんそうしています。」と言われました。診療明細書は医療機関からの発行が義務づけられているものであり、安易に発行の省略をすべきではないと思います。
また、私は明細書を見たかったので、そのように言われたことに不愉快を感じました(私は「いえ毎回発行してください」と答えましたが。)。このようなことがないよう、市内の医療機関へ注意喚起をお願いします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。ご意見を受けまして県に確認しましたところ、診療明細書は一部例外を除き無償交付が義務付けられているとのことでした。医療機関からの交付は義務であることを改めて市内医療機関へ周知されますよう、吉川松伏医師会に依頼してまいります。
なお、診療明細書の交付等についての問い合わせ先は以下のとおりです。
「埼玉県保健医療部国保医療課 総務・保険医療担当 電話:048-830-3361」

担当課

健康増進課、電話、048-982-9803

 

避難所以外に避難した人への食料等の配布について(平成31年3月12日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

3月9日、朝5時からのNHKラジオ“マイあさラジオ”と言う番組の中で言って居たのですが、法律により災害時では避難所に入った人以外は、壊れた家で無理矢理生活して居る人や、車で生活して居る人は役所からの食料は受け取る事が出来ないと放送して居ました。吉川市の場合も同じなのでしょうか。避難所が狭くて入れないと言う人も居るだろうし、家族が寝たきりで避難所へは無理などと言う人も居るはずです。この場合でも避難所に食料を受け取りに行ったとしても、受け取る事は出来ないと言う事なのでしょうか。
災害発生時は必ずと言って良い程、コンビニなどでは品物が無くなります。大雨、大雪でもとなれば、役所からの食料が受け取れなければ弱者の家庭では餓死する家も…

回答内容

ご意見ありがとうございます。
国では、東日本大震災などの過去の災害を教訓としながら、災害対策基本法を改正しており、いただきましたご意見につきましては、法第86条の7で「災害応急対策責任者は、やむを得ない理由により避難所に滞在することができない被災者に対しても、必要な生活関連物資の配布、保健医療サービスの提供、情報の提供その他これらの者の生活環境の整備に必要な措置を講ずるよう努めなければならない。」と規定されております。
このため、市では今年度に行いました減災プロジェクト?三輪野江小学校区におきまして、自治会などの地域の方々と協力し、在宅避難者に対する物資配送訓練を行ったところでございます。今後におきましても、発災直後に一時的に不足する物資等について、速やかに国や県、災害時応援協定を締結している事業者などに対して供給等の要請を行うとともに、地域と協力しながら指定避難所の状況や避難所に滞在することができない在宅避難者などの把握に務め、必要な物資を供給できるよう努めてまいりたいと考えております。
しかしながら、発災直後の応急対策活動期などは市としての「公助」にも限界がございます。災害に対しては「自助」としての視点も重要な要素となってまいりますので、常日頃から非常用物資の備蓄等による備えも進めていただけますようお願いいたします。

担当課

危機管理課、電話、048-982-9471

 

バス乗り場の列について(平成31年3月11日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

吉川駅北口のバス乗り場についてのお願いです。「3・4」乗り場について、行き先(乗り場)別のラインを足元に引くことはできないでしょうか。
私はいつも帰宅時に茨急バスを利用していますが、乗り場番号は分かれているものの、行き先に関係なく同じ列に並ぶ慣習ができています。そのため「バスが来ているのに、前の人がまったく動いてくれない」ということが起きます。
また、朝と夜で列の作り方が異なっています。朝は駅舎に向かってまっすぐ列が伸びますが、夜は一度埼玉りそな銀行の方へ向かって列ができ、乗り場の屋根が途切れるあたりで駅舎の方に折り返し、列が伸びていきます。
これらのことが、その時間帯の利用者たちの慣習になってしまっており、初めて来る方、バスに乗り慣れていない方に戸惑いを与えていると思います。実際みかけた例ですが、1人の先頭の方から、銀行方向へ伸びる列と駅舎方向へ伸びる列の2列が出来てしまっていたこともあります。
足元に列を表す線が引いてあれば、それに従って列ができるようになっていくのではないかと思います。ぜひ一度時間帯別の状況をご確認いただき、ご検討をお願いいたします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
吉川駅北口ロータリーにつきましては、民間バス事業者5社が乗り入れており、ロータリーの空間も限られていることから、乗り場によっては、複数の事業者の乗降場となっているところでございます。「3・4番乗り場」につきましても、現在、東武バスと茨城急行バスの乗り場となっており、時間帯によってはバスが重なってしまう状況が見受けられます。
ご提案いただいた路面への表示につきましては、バス利用者の利便性の向上につながるものと考えておりますが、路面の素材や導線なども考慮する必要があることから、まずは、案内板を設置し整列方法を周知してまいります。路面標示につきましては、その後の状況をみながら検討してまいります。

担当課

政策室、電話、048-982-9445

 

一部地域の高齢者に対するタクシー券の助成について (平成31年3月6日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

日々、吉川市の為にご苦労様です。
さて、吉川市は一部地域の高齢者にタクシー券を助成しているようですが、吉川市内は全体的に交通の便が悪く、苦労している高齢者は当該一部地域だけてはありません。
また、当該一部地域に居住する高齢者は承知でそこに住んでいると思います。助成に地域格差をつけるのは、行政の公平制から、大きく逸脱すると考えます。行政の助成は、公平にして下さい。
交通の不便な場所は、改善施策、地域開発等するのが、行政の仕事だと思います。不公平な助成をすることではないと思います。このような不公平な助成をすぐに止めるか、公平な助成にして下さい。
このような市政は、大きな問題だと思います。困っている高齢者は、一部地域だけてはありません。ご返事、お願い致します。ご高配の程、宜しくお願い致します。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
市では、民間の路線バスによる公共交通の充実に努めておりますが、これまでに実施した市民意識調査などにおいて公共交通に関する要望が多かったことから、新しい公共交通施策について検討を進めてまいりました。
平成28年度に実施した移動実態調査では、75歳以上の方の多くがご自身での移動が難しくなること、また、地域によってはバス停や買い物施設までの距離が比較的遠いことなどから、日常生活における移動手段の確保に困難が生じている状況でございました。そのようなことから、一部地域の75歳以上で、ご自身により運転ができない方やご家族の送迎支援が受けられない方を対象に、バスによる公共交通の補完を目的として、タクシー利用料金助成制度を試行的に実施しているところでございます。
今回の試行は3年間となっていることから、今後、この制度の検証を行ってまいります。いただいた貴重なご意見は、今後検証していく中で参考にさせていただきます。

担当

政策室、電話、048-982-9445

 

市民演劇の件ですが…(平成31年3月1日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

市民演劇の件ですが「民間でできることは民間で」が原則ではないでしょうか。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
演劇プロジェクトは、毎年、若者から高齢者までの市民が参加することで、世代間交流や生きがいづくりなどにつながるだけでなく、市民の方々にとっては身近な市内で演劇に触れられる機会の創出となることから、第5次総合振興計画後期基本計画に位置付け、文化芸術の振興策の一つとして市の事業として実施しているところです。
これまで、彩の国さいたま芸術劇場と連携を図りながら、「さいたまゴールド・シアター」の役者の方々との交流や今年度が第2回目となる「あゆみ」の演劇上演を行ってきたほか、「文藝よしかわ」の刊行や「生音コンサート」の開催、中央公民館ホールの側面音響反射板設置など、様々な事業を展開してきました。
これらの取り組みにより、市民意識調査の「芸術文化に触れ合う機会に関する満足度」が30%から55%に上昇しました。また、先日は「文化芸術の振興に使ってほしい」という趣旨で、市に対して多額のご寄附もいただいたところです。
さらに今後は、演劇・文藝・生音コンサート等の文化芸術を「高齢者の健康長寿」や「子供達の表現教育」「地域の絆づくり」などの、地域の課題を解決するための総合政策として取り組んでまいりたいと考えておりますので、ご理解いただければ幸いです。

担当課

生涯学習課、電話、048-984-3563

 

市役所内食堂について(平成31年2月26日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

新市役所内にも一般市民が昼食が取れる食堂が無く大変不便です。整備する予定があればその時期、計画内容をしない場合はその理由を開示して下さい。以上

回答内容

ご意見ありがとうございます。
新庁舎の基本計画策定時に、食堂・レストラン等の整備に関する検討を行った結果、整備するにあたり、建設時における負担や、建設後における負担の可能性等を考慮し、厨房を備えた食堂・レストランは設置しない事となった経緯がございます。
また、新庁舎とおあしすの一体整備の方針に基づき、おあしすへの食堂等の誘致も検討しておりましたが、平成30年3月定例会において予算が認められなかったことで、おあしすの整備については現在白紙の状態となっております。
なお、庁舎3階の職員休憩室において、社会福祉法人葭の里によるパン・コーヒー等の一般販売をしており、11時~12時または13時~14時の間であれば、市民の方も軽食を取ることができますので是非ご利用ください。

担当課

財政課、電話、048-982-5966

 

公園での犬の放し飼いについて(平成31年2月25日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

毎朝7時頃、永田公園でゴールデンリトリバーなどの大型犬、数頭を放す4名程度のグループがいる。散歩中にうちで飼っている小型犬が襲われたこともあり、やめさせて欲しい。今朝、注意をしたが、逆に凄まれた。
公園利用者間のトラブルにもなるので、常識ある対応をお願いしたい。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
ご連絡を受け、2月26日の午前9時30分頃と2月27日の午前7時30分頃に市職員が公園内を見回りましたが、その際には、放し飼いをしている方は確認できませんでした。
しかし、公園内での犬の散歩につきましては、リードを離さないことやフンは持ち帰るなどのマナーを守り、他の利用者とスペースを譲り合いながらご利用いただきたいと考えておりますので、引き続き、市職員による定期的な公園の見回りや啓発看板を増やすなどの対策を行なってまいります。
今後もお気づきの点がございましたら、ご連絡いただけると幸いです。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9901

 

運転マナーについて(平成31年2月25日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

一之橋交差点で、車側が赤信号なのに交差点を突っ切る車がとても多くて危険です。歩行者が渡り始めていてもお構いなしです。通るたびに見かけます。
取り締まりをするか信号を変えていただけないでしょうか。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
吉川警察署に確認いたしましたところ、一之橋交差点につきましては、隣接する木売落しとの交差点(花屋の前)押しボタン式信号機との連動を踏まえ、交通安全と交通の流れの円滑化を図ることを目的に、信号機の設置及び配置をしていると回答をいただいており、現時点では信号機を変えることは難しいものと考えております。
このため、市といたしましては、現在の交通状況を踏まえ交通違反の取り締まりを実施していただくよう吉川警察署に要望いたしました。引き続き、関係機関と連携し交通事故のない安全なまちづくりに努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

危機管理課、電話、048-940-1072

 

市役所駐車場の利用について(平成31年2月22日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

逆走して駐車場に侵入する事が多い。仕事のため良く役所に来庁するが、必ず逆走車とすれちがう。
もう少しはっきりした標識等をつけるなどの対策を望む。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
駐車場内では、安全を考慮して、一方通行となるように路面表示や進入禁止看板などで利用者に誘導を促しておりますが、ご指摘のように逆走する車両も見受けられますので、今後も分かりやすい表示に努めてまいります。

担当課

財政課、電話、048-982-5966

 

こども医療費支給申請書の提出について(平成31年2月18日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

吉川駅よりも南側に住んでいるのですが、こども医療費支給申請書を提出できる場所を南側に増やして頂けると提出しやすくなりありがたいです。できれば駐車場があると良いです。
また、以前他市に住んでいた時に、市境近くにある他市の病院なら医療費をその場で払わなくて良いという制度がありとても助かっていました。可能でしたらその制度が吉川市でもできるようになったら良いと思います。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
子ども医療費支給申請書の受付けにつきましては、市役所のほか、土日祝日も開館している各市民サービスセンター(駅前・北部・東部)の窓口で行うとともに、郵送による申請も受け付けております。なお、市役所、北部および東部の市民サービスセンターには駐車場の用意がございます。
ご提案いただきました内容については、引き続き現行の受付体制や制度運用の中で対応してまいりたいと考えており、受付窓口の増設や、市境近くにある他市の医療機関について現物給付(窓口負担なし)を行う予定はございませんので、ご理解くださいますようお願いいたします。

担当課

子育て支援課、電話、048-982-9529

 

吉川美南駅東口の歩道および総合運動公園について(平成31年2月15日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

市長様いつも吉川市の為にご尽力いただきありがとうございます。11月末より住宅購入に伴い三郷市から吉川市へ引っ越してまいりました。今回は是非ご検討いただきたいことがあり連絡させていただきます。
(1)吉川美南駅東口について
職場が流山ということで自転車で通っていますが、吉川美南駅東口側の道は歩道がない箇所があり危険な箇所が多々あります。予算のこともあるかと思いますので今後の検討材料としていただけると幸いです。
(2)総合運動公園について
先日自宅のポストに今後の市の展望の資料を拝見いたしました。是非とも総合運動公園は作っていただけると嬉しいです。その中で是非ランニングコースを確保してほしいです(あくまで希望です。)コースは是非ウッドチップのクロカンコースを採用していただけると尚嬉しいです。近隣にはクロカンコースがなかなかない状況です。今後、流山を繋ぐ橋ができることを考えても近隣にはないものが出来るとニーズがより高くなると考えます。私はもともと北海道出身で箱根駅伝を夢見て関東の大学に出てきました。現在も市民ランナーとして走っておりそういった場所が市内にできるととてもうれしいです。前職が指定管理者を仕事をしていたもので何かお力になれることがありましたらご機会がありましたらお話できると幸いです。よろしくお願いいたします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。以下のとおり回答させていただきます。
(1)吉川美南駅東口について
ご指摘頂きました道路は、JR武蔵野線沿いで吉川美南駅東口に近く、三郷市の市道を経由し県道草加流山線に繋がる市道2-115号線と認識しております。当該道路の歩道の整備状況でございますが、一部区間において歩道整備が行われている状況でございます。
歩道整備の行われていない部分の一部は、現在事業中の吉川美南駅東口周辺地区土地区画整理事業地内のため、道路形態が大きく変化することから土地区画整理事業と調整をはかり、歩行者や自転車が安全に通行できるよう歩道整備などを検討してまいります。
(2)総合運動公園について
総合運動公園につきましては、これまで整理した検討すべき項目について、今後具体的な検討を行ってまいります。ご提案のありましたランニングコースへのご意見につきましては、今後の参考とさせていただきます。

担当課

  • 吉川美南駅東口について 道路公園課、電話、048-982-9814
  • 総合運動公園について スポーツ推進課、電話、048-982-6800

 

市役所3階で行っているフレンドパークの軽食販売について(平成31年2月14日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

市役所入口の吉川フレンドパークのカンバンが目立たなすぎすぎでは?これでは売上げが下がったままになると思います。
案内表示(何階に何があるか書いてある)の所にPOPを付けるなど工夫した方が良いと思います。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
市では庁舎施設のご案内表示の改善に取り組んでいるところです。頂いたご提案も参考に、3階の売り場までの道順が分かりやすくなるよう案内表示を現在作成しておりますので、追加で掲示して参ります。
今後も、フレンドパークと協議しながら、分かりやすい案内に努めて参ります。

担当課

障がい福祉課、電話、048-982-5238

 

支援センター土日もやってください(平成31年2月4日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

主人が土日仕事のため、土日に子供と過ごす場所が少なく困ります。
土日もやっているとうれしいです。

回答内容

ご意見ありがとうございます。また、平素より子育て支援センターをご利用いただきありがとうございます。「美南子育て支援センター」では月に1・2回程度、土曜日または日曜日に開所しております。現在のところ、毎週土日に開所する予定はございませんが、行事やイベントに合わせた休日の開所も引き続き実施してまいります。
なお、開所予定につきましては、広報よしかわや子ども・子育て応援サイト「よしよしねっと」でお知らせをしておりますので、ご確認をお願いいたします。
また、児童館ワンダーランドにつきましては、土・日・祝祭日も開所しており、乳幼児室等もございますので、併せてご利用ください。

担当課

子育て支援課、電話、048-982-9529

 

市の北方面にショッピングセンターを作ってほしい(平成31年1月25日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

いつもありがとうございます。お願いなのですが、市の北の方面にショッピングセンターのようなものを作ってはどうでしょうか。以前は旧ライフ、コッコロ(その前はジャスコ)があり、子供の物やちょっとした雑貨を買うことができたのですが、今は、ちょっとしたものでも駅前までいかないと買えません。もしくは市外のショッピングセンターてす。困っている方はきっといらっしゃると思います。少し考えて頂けないでしょうか。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
ご要望の「ショッピングセンターなどの店舗を市の北方面に建築できないか」につきましては、民間事業者が店舗を出店する際には、商圏や規模、取り扱う商品、用地・事業費の確保などあらゆることを検討し、判断するものと考えていることから、市が働きかけを行うことは困難でございますので、ご理解をお願いいたします。
なお、市では、それぞれの地区の特性を活かした土地利用や生活の利便性の向上を図るため、駅周辺には商業系の用途地域を指定し、民間事業者による商業系施設の立地を誘導しており、また、その他の地区でも、店舗の規模の制限はございますが、店舗を建築することができるようにしているところでございます。

担当課

都市計画課、電話、048-982-9903 

 

フロリデーション事業について(平成31年1月18日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

お聞きしたいのですが、以前フロリデーションの予算を吉川市として決定したのですが、今の市長がこれを中止したと聞いたのですが、フロリデーションと言うのは虫歯防止の為、水道水の中にフッ化物を入れるとの事ですが、知人、友人の中にフッ素アレルギーの人がいます。
これから先、もしも市長が変わり水道水の中にフッ素を入れるようになった場合、水道水を飲みフッ素アレルギーが発病した場合、治療費等々市役所に請求して良いものなのでしょうか。これから先、水道に入れられるのか、心配と言う友人もいます。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
フッ化物は、歯面への塗布や洗口、または歯磨き粉に入れることでむし歯予防に利用されておりますが、当市では現在の体制においては、水道水への添加、いわゆるフロリデーションは行わない方針を決定しています。

担当課

健康増進課、電話、048-982-9803

 

運動公園テニスコートについて(平成31年1月15日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

  1. 審判台について 各所審判台の上部に破損カ所があります。ボルトの破損は安全上問題があると思われます。取り除くか復旧を要望します。(特に小さな子供さんが登った場合は危険ではないでしょうか)
  2. コート内を安全上の問題から点検されることを要望します。(使用する人の立場で調査して下さい)

回答内容

ご意見ありがとうございます。
1月17日に現地調査を行ない、7台ある審判台の破損や、コート内の各所にひび割れや凸凹が生じている状況を確認いたしました。
破損していた審判台のテーブルとボルトはすぐに撤去し、簡易な補修につきましては材料の用意ができ次第、速やかに実施いたします。
なお、コート内の補修につきましては多額の費用が見込まれることから修繕方法について検討を行なうと共に、利用者の皆さまが怪我をすることが無いよう、引き続き職員による日常点検を行ってまいります。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9901

 

ペットの鑑札のデザインについて(平成31年1月15日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

先日 越谷市から吉川市にペットの登録を変更しに行きました。監察札?字が違うかもしれませんが、越谷市のものと比べると吉川市のものは、即席で作った感があって 可愛げも全くありませんでした。
もうちょっとペットに対して力をいれていただきたいです。愛犬家にとってカワイイ我が子同然なんです。法律上、物 扱いかもしれませんが、さすがに頂いた監察札を我が子につけようとは思いません。もうちょっと考えていただきたいです。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
犬の鑑札につきましては、その規格が狂犬病予防法施行規則に定められており、その規定の中で鑑札を作成しなくてはなりません。吉川市ではこれまで、犬種の小型化に対応し、鑑札の装着率の向上を図るため、鑑札の小型化とともに、イラストが入ったデザインに変更したことがございましたが、文字が削れてしまうという相談が多く寄せられたため、機能性、耐久性を優先した現在の鑑札のデザインとなった経緯がございます。一方で、市町村によっては、規定の範囲で鑑札の形をデザイン化したものを作成しているところもあることは存じておりますことから、ご要望を踏まえ、次回の作成の際には、デザインの変更について検討してまいりますので、ご理解をお願いいたします。
なお、狂犬病予防法第4条第3項に基づき、登録した犬への鑑札の装着は義務付けられておりますので、装着をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698 

 

保育園・小学校での災害対応について(平成31年1月9日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

現在、子ども2人を認可保育園に預け都内で就業しています。災害等で私が都内で被災し帰宅困難となった場合、子ども達はどのような状態におかれどのような対応を取っていただけるのでしょうか?先生方も被災していた場合、見守り等保護していただけるのか不安です。また小学校進学後の対応は保育園時代と異なりますか?

回答内容

ご意見ありがとうございます。
発災時、市内の保育施設及び小学校では、幼児や児童の安全確保及び保護に万全を期すとともに、保護者の方が帰宅困難となり、引き取りが困難な場合に備えて、災害時における保護者との連絡体制の確立や一定期間、保育所・小学校等の安全な場所において幼児や児童を保護する体制を整えております。
また、各施設では、災害時に備えて平時より食料等の物資を備蓄しております。なお、詳細については通園・通所している施設へお問い合わせください。

担当課

危機管理課、電話、048-982-9471

 

ドクターヘリのポートタワー建設について (平成30年12月28日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

はじめまして、吉川市民です。提言一つ申し上げます。
実は、過日千葉西総合病院を見学してまいりました。カテーテル分野で日本一の技術をもっているそうです。技術もさることながら、医療設備にも目を見張るものがありました。それは地域医療のため、ドクターヘリを積極的に活用していることでした。病院の屋上にヘリポートをしつらえ、24時間消防庁へりや各種医療ヘリ等の受け入れをはかっていることでした。近隣の市民としては 頼もしい思いでした。例えば、吉川で緊急の患者が発生したとき、ヘリポートがあれば手配して受け入れてくれるそうです。千葉西病院に限らず、救急車では間に合わない場合に、ヘリポートがあれば積極的に活用できるというものです。
そこで、吉川市においてもドクターヘリのポートタワーの建設を提言を致します。莫大なお金を必要としません。ヘリを買えと言っているわけでもありません。もちろん救急車に時間がかかるところ限定です。場所は市庁舎の隣りの運動公園でもいいでしょう。ポートタワーにすれば、運動の妨げになりません。騒音が出ても、極くまれな離発着なので苦情は少ないと思います。ご一考お願いします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
現在、市では災害時に交通途絶状況下での輸送力、重篤患者の救助及び搬送確保のため、吉川松伏消防組合等の関係機関と協議し、市内小中学校(3ヵ所)及び市内公園(3ヵ所)計6ヵ所を市内臨時ヘリポート基地(飛行場外離着陸場及びドクターヘリ離着陸場)として位置付けており、ドクターヘリによる重篤患者の救助及び搬送を可能としております。
また、吉川松伏消防組合では重篤患者の救助のため、緊急やむを得ない場合に消防職員による安全管理を行ったうえで、ドクターヘリの指定場所以外の離着陸も行っております。
市では現在、ポートタワーの建設を予定しておりませんが、今後とも吉川松伏消防組合等の関係機関と連携を図りながら、人命救助を最優先に考えた対応に努めてまいりたいと考えております。

担当

危機管理課、電話、048-982-9471

 

職員の電話応対について(平成30年12月27日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

本日、ある課に電話にて問い合わせさせていただきました。非常に不快な気持ちになりました。
私がしゃべているのに、その話を聞かず話している上から話をかぶせて聞きもしない。注意しましたが、繰り返す。職員ですから知識があって当然。馬鹿にされてい感じもしたし、話を聞いてくれないと問い合わせをした意味がない。このような対応は、正直恥ずかしいし、これが市の職員なのか。。と感じました。
市役所に行って不快な気持ちになったのは初めてでした。こういう気持ちには2度となりたくないので、市役所職員の方々にこの事実をお伝えください。

回答内容

ご意見ありがとうございます。この度は、職員の電話対応につきまして、不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
職員に対しましては、傾聴力を高め、市民の皆様の立場に立った対応をするよう接遇研修を実施しているところですが、至らぬ点をご指摘いただき、まだまだ徹底されていないものと認識しております。
今後につきましても、引き続き研修内容の充実を図りながら、併せて傾聴の重要性についても周知徹底し、職員の資質向上に努めてまいります。

担当課

政策室、電話、048‐982‐9695

 

なまずの里マラソンのTシャツについて(平成30年12月25日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

毎年参加させていただいております。
Tシャツですが、毎年カラーだけが変更されているだけでデザインは変わりません。
えりもとがややしまっているかんじとTシャツのラインが太ってみえます。いまいちどデザインの変更を考えていただきたいです。
浦安のマラソン大会は、そざいやデザインもよく変更されています。女性も着用したいようなデザインを希望します。お願いします。
また、たまにはポロシャツもすてきだと思います。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
いつも吉川なまずの里マラソンにご参加いただき、ありがとうございます。吉川なまずの里マラソンは、開催時期、立地、コース、参加人数のほかに、参加賞(Tシャツ等)につきましても、参加者の皆さんが楽しみにされていると伺っております。
今回いただいたご意見は、大会実行委員会に伝え、今後におきましても、より多くの方に愛着を持っていただけるよう努めてまいりたいと考えております。

担当課

スポーツ推進課、電話、048-982-6800

 

広報よしかわのカラー刷りについて (平成30年12月4日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

広報紙について質問します。最近の広報がカラー刷りになりましたが、カラー刷りの方が白黒に比べ費用も高いと思いますが、カラー刷りの必要性について教えて下さい。

回答内容

ご質問ありがとうございます。広報よしかわでは、昨年度から一部のページ(年間16ページ程度)においてカラー刷りをしています。
皆さんに分かりやすく伝わる広報紙を作るため、デザインや掲載内容等にも工夫は行っているところですが、市民意識調査の結果をみると大半の方々には満足いただいている一方で「分かりにくい」「読みづらい」といった意見も見られました。
そこで、一部をカラー刷りにすることなどで、より分かりやすく、皆さんに手に取っていただき読んでいただける広報紙を目指しておりますので、ご理解をお願いいたします。

担当

政策室、電話、048-982-5112

 

おあしす喫煙所の設置場所について(平成30年12月3日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

受動喫煙が問題となっている昨今、子供も利用する図書館の正面入口のとなりに設置されているのは、あまりに問題意識が欠如していると思う。早急の改善を望みます。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
この度はご不快な思いをさせてしまい大変申し訳ございません。ご指摘いただきました喫煙場所につきましては平成30年12月28日をもって廃止し、市役所北側駐車場にございます既存喫煙場所と統合する予定でございます。現在、周知期間としてこの旨をご案内させていただいております。
市民の皆様に快適にご利用いただけるよう努め、指定管理者にも適切な指導を行ってまいりますので、ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

担当課

生涯学習課、電話、048-984-3563

 

橋の建設について(平成30年11月30日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

お世話になっております。越谷市から吉川市に引越ししてきたものです。
橋建設についてですが、越谷市と三郷市の巨大ショッピングモールに挟まれた吉川市ですが、慢性的な渋滞緩和の為に、八条橋と吉越橋の間に建設は出来ないでしょうか。八条橋と吉越橋も常に渋滞がおきており、買い物をしない住民まで市から出れないのは窮屈です。
八条橋も古い橋かと思いますし、いつか橋の新設をする時期が来たときには吉川市の橋を利用する車が更に多くなるかと思います。新川橋程度の橋で十分かと思いますが、西側隣接の越谷市、草加市、と協議は出来ないのでしょうか。宜しくお願い致します。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
中川に架かる新たな橋の建設につきましては、市といたしましてもその必要性を認識していることから、吉川市都市計画マスタープランにおいて、都市計画道路三郷流山線の西側延長線上の三郷市境付近に構想路線として位置付けしているところでございます。
しかしながら、対岸側の草加市には、構想路線と接続する道路がございませんので、まずは、草加市や三郷市などと構想路線の位置付けについて、機会をとらえて調整してまいりたいと考えております。
なお、現在、吉川橋の架け替え工事を埼玉県が施工しており、完成後には片側2車線の4車線道路となることから、吉越橋の交通渋滞の緩和が期待されております。

担当

都市計画課、電話、048-982-9903

 

再投稿:オリンピック・パラリンピック開催に伴う影響について(平成30年10月24日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

エンピツ書きで失礼を致します。当方からの今度の東京オリンピックに際しての当市の物流は大丈夫でしょうか、スーパーコンビニの店頭に品物が無いと言う事は無いのでしょうかとの当方の質問で、この度返事を頂きました。
さいたま市に住んで居る知人によれば、輸送連絡調整会議と交通輸送技術推進会議において話し合われて居るとの事ですが、どう考えてもオリンピック関係の会場等が有る市、などが中心と考えられそれ以外の市、町はこの次で物流はどうしても大きな所が先と思うのですが、それ以外と市と町は物流の流れとして後になり品物の量が少なくなるのではないでしょうか。仮にオリンピック開催近くになってから買いだめしてほしいと役所が言ったとしても若い人はインターネット有るし車が有るのだから何とかなるでしょうがお年寄りの家庭の場合、カン詰め、冷凍、レトルト、インスタント食品を買うにしても時間が掛かります。半年前位から指示が出ないと食べる物すら無くなるかもしれませんし、それ位前から何らかの形で支持は出るのでしょうか。急に買いだめと言われても、と思うのですが。
大雪などの事を考えると…考えすぎでしょうか。普通に考えるとパニックになってしまうと…

回答内容

ご意見ありがとうございます。
2020東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う物流等の影響に関しましては、現在、国、オリンピック組織委員会、バス、鉄道、運送業などの経済界及び競技会場のある東京都、埼玉県などの関係自治体で構成される「交通輸送円滑化推進会議」におきまして、市民生活や経済活動への影響が最小限となるよう、対策の検討、関係機関との調整を進めております。
市としましては、埼玉県を通じた本会議の情報をはじめ、大会期間中の交通や輸送に関する対策などの情報を入手した際に、市民生活に影響を及ぼす恐れがある場合は、市民に対し市広報誌や市ホームページなどを通じて速やかに周知してまいりたいと考えております。

担当

政策室、電話、048-982-9445

 

外国の方への生活支援について(平成30年11月19日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

国としても国内の労働力不足を外国の方にお願いするとの事。日本はこれから人口が減る分ますます外国の人増えると思います。と言う事は、これから先、吉川市も市内に住もうとする人、住んで居る人、ますます外国の方増えて行くと思います。外国の方がアパートに住もうとしても家主の方が、外国人と言う事で断わるケースも出て来ると思いますし、外国の方が町内に住んでも、言葉が通じない為、例えばゴミ出し1つにしても、変な形になるかもしれません。
市役所として外国の方に対する指導はどう考えて居るのでしょうか。このままでは町内及び市内のルールガタガタになるかもしれません。役所として、外国の大人の方に対して、言葉を教える、ルールを教える事は考えて居るのでしょうか。外国の方が増えてからやろうとしても、尚更大変な事になってしまうと思うのですが。

回答内容

ご意見ありがとうございます。市では市民と市内在住外国籍住民の多文化共生を図るため、以下の事業を展開しております。

  1. 「多言語ガイドブック」の配布:ゴミの出し方、災害時収容避難場所、自治会について、日本語教室の案内など、外国籍の転入者等に生活に必要な各種サービスを多言語化して配布しております。
  2. 「日本語教室」を共催にて実施:吉川市国際友好協会が主催する外国籍の方が生活に必要な日本語を学ぶ「日本語教室」(毎週火曜日、午前と午後2時間ずつ)を共催し、日本語を教えるボランティアスタッフの拡充を図るための講座を毎年開催しております。
  3. 「翻訳・通訳ボランティア制度」:市に提出する書類や市からの通知等の翻訳・通訳をお願いするボランティア制度を実施しております。
  4. 市民と外国籍の方の交流の推進:昨年度は市内在住で最も多い外国籍であるベトナム出身の方との多文化共生イベント「吉川市ベトナムday」を開催し、今年度からは地域の外国籍住民と自治会等の市民団体との交流を図る「多文化共生講師派遣」事業を実施するなど、多文化共生につながる交流を推進しております。

ご指摘の通り、今後市内の外国籍住民の増加が見込まれます。日本との習慣の相違等によるトラブルを未然に防ぐため、市としては、地域住民と外国籍住民がお互いに生活しやすくなるように、地域での「多文化共生」をより一層推進して参ります。

担当

市民参加推進課、電話、048-982-9685

 

吉川市の公共施設について(平成30年11月19日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

●●●という自助会に属しています。●●●という勉強会のため施設を使用したいとしたところ施設の使用料や資料などの料金を不特定の人から献金で賄うことが営利目的であるので5倍の施設料を支払ってほしいとの回答を受け現在使用が実質的には不可能な状態にあります。
埼玉県アルコール健康障害対策推進計画から後退しているように感じますのでご配慮していただけるようにお願いします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
吉川市民交流センターおあしすでは、館内、敷地内での不特定多数からの献金活動は営利を目的とした利用に該当し、5倍の施設利用料をいただいております。これはどのような目的で利用する場合であっても、皆様に公平に適用しています。ご希望にそえず申し訳ありませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。
なお、ご不明な点等ございましたら窓口までご相談ください。

担当課

生涯学習課、電話、048-984-3563

 

グリーンファームの利用の仕方について(平成30年11月16日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

私はグリーンファームを利用している者です。畑の中に自転車やスクーターで入ってくる人がいます。中には小さい子供を連れて来ている人もいるので、事故等の危険もあります。
自転車やスクーターは中央公民館の駐輪場を使ってもらうように周知してください。よろしくお願いします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
ご指摘の通り、自転車やスクーターでのグリーンファーム内への乗り入れが散見されております。利用者同士の接触事故などの危険性があるため、グリーンファーム内への自転車、スクーター等での乗り入れは原則禁止でございます。引き続き、場内においては自転車、スクーター等は手で押していただくよう改めて周知し、グリーンファームの適切な利用を徹底していただくよう努めてまいります。
なお、中央公民館駐輪場につきましては、中央公民館利用者に支障のない範囲での使用に限られておりますのでご承知おきください。

担当課

農政課、電話、048-982-9482

 

トレーニングルームにバーベルを追加してほしい(平成30年11月15日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

総合体育館のトレーニングルームにバーベルを追加して頂きたいです。マシンよりも広範囲を効率的、高強度にトレーニングすることができ、より初心者向きかと思います。
今は仕方なく三郷や越谷の体育館に行っていますが、バリエーション豊かなトレーニングが可能となることにより、トレーニングルームの利用が増加すれば数万円の設備投資分は回収が可能と考えます。
懸念点としては高重量による危険が考えられますが、それは現状配置されているダンベルも同様と思います。どの機器にもリスクはあり、どこまで許容するかになると思いますが、ご検討頂ければと思います。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
総合体育館トレーニング室は、日々多くの市民の方にご利用いただいております。安全を最優先に限られたスペース内で幅広くご利用いただくため、バーベルの設置につきまして現時点での具体的な計画はございませんが、今後の施設更新や改修の際の貴重なご意見として参考にさせていただきます。
今後におきましても、利用者の皆様が安全にご利用いただける環境づくりをめざしてまいります。

担当課

スポーツ推進課、電話、048-982-6800

 

水道事業の民営化および下水道料金について(平成30年11月8日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

吉川市の水道事業を民営化する事、役所として赤字だからという理由で、話し合われているとのことですが、公立小中学校で使用している水道代、役所で使われている水道代、防火で使われている水道代は、一般会計から水道事業に支払われていると思いますが、他の市の話によれば、デパートや大きな工場、病院(大病院)等の場合、敷地内に井戸を掘り、水道料金を支払うと金額が高いので、この水を使っているところもあると言います。
この下水道代金の支払いは、自己申告の為、実際流している量より、大きく少ないため、少ない下水道代金になっているかもしれない…と言います。以上、書いたこと、役所としてチェックしているのでしょうか。以上、書いたことにより、水道事業の赤字減るかもしれません。
それから、余談ですが、これはさいたま市も同じことをやっているらしいのですが、家庭で水流トイレになった時、業者が手続きをするので、普通は下水道代金支払うことになります。ところが、この手続きをしていない業者がたくさんあり、市とすればとりっぱぐれ状態がたくさんあり、今必死にチェックをしているとの事。吉川市では、水流トイレになっている家庭からちゃんと下水道料金を取っているのでしょうか。これバカにならないはずです。チェックしてみてください。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
吉川市の水道事業は、地方公営企業法に基づき皆様からお支払いただいた水道料金で事業を運営しており、決算も黒字でございます。しかしながら10年後、50年後といった将来にわたっても安定して水道事業を運営していくために、経営の健全化に取り組んでいるところであり、民営化についての検討は現在しておりません。
吉川市の公共下水道事業につきましては、ご指摘のとおり当市においても敷地内に井戸を掘り、使用している事業所等がいくつかございます。適切な下水道料金を徴収するため、私設の水道メーターを設置し、お客様自身で管理及び使用水量の申告をしていただいております。虚偽の申告をした場合の罰則も設けており、お客様からは適切な申告がされていると当市は認識しております。
また、下水道への切り替え時の手続き漏れがあるのではないかというご意見ですが、平成27年度に全件調査をしており、下水道料金の賦課漏れは発生していないことを認識しております。また、現在においても、定期的なパトロールの実施を行う等、防止策を実施しているところでございます。
今回いただいたご意見を参考に、今後もより良い公共下水道事業が運営できるよう努めてまいります。

担当

  • 水道事業について:水道課、電話、048-982-7711
  • 公共下水道事業について:河川下水道課、電話、048-982-9982

 

歩道に犬のフンがあります(平成30年10月31日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

温水プールを利用している者です。
プールと駐車場の間、歩道上に最近犬のフンが放置されているのが目立ちます。昼間はさけて通れますが、暗い夜間ふんづけてしまう心配があります。
看板などで犬の飼い主に注意をうながすなど対策をお願い致します。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
ご指摘の場所を確認したところ、数か所に犬のフンを確認し、同時にフン放置禁止の看板をフェンスに設置しました。市ではこれまでも広報誌などで啓発を行っているところでございますが、引き続き飼い主のマナー向上について啓発を行ってまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698 

 

吉川市新庁舎内の照明について(平成30年10月26日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

妻と市役所に行きました。妻が視覚障害を持っており、庁舎内の照明が暗く、一人で市役所に来た際に歩きにくいとの事。
日中の照明は周りの明るさで自動的に暗くなるセンサーが付いていると職員から説明を受けたが、もう少し庁舎内の照明を明るくできないでしょうか。
是非ご検討を頂ければと思います。よろしくお願い致します。

回答内容

ご意見ありがとうございます。新庁舎の照明につきましてご不便をおかけしております。
庁舎内の照明が暗いとのご意見を他にもいただいており、特に外部から入ってすぐのエントランスが暗く感じられるようでございます。このことからエントランスの明るさ感を向上させるよう、11月に照明器具の増設を予定しております。
なお、奥様お一人でご来庁の際には、ご不安な事もあると思いますので受付へお声掛けいただければ、職員が付き添うなど対応をさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

担当課

財政課、電話、048-982-5966

 

再投稿:歩道の道路占有について(平成30年10月22日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

以前、川藤交差点近くの●●●様の会社の事で要望を書きました。場所が県の管轄という事で回答を頂きましたが(その時点で県に対応を依頼したとの事)現在も現状はかわりません。再度、要請をお願いします。
内容は、歩道に会社の物と思われる資材がおいてある事、フォークリフトが歩道を通る事です。県に依頼をするだけでなく会社は吉川市内にあるのですから、その後の対応も宜しくお願いします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
当該箇所の対応状況につきまして、埼玉県越谷県土整備事務所に確認したところ、埼玉県の担当者が現地の従業員に対し、資材等の撤去を行うよう口頭にて指導を行っており、今後につきましても、現地の状況が改善されるまで、引き続き撤去指導を行うとの回答がありました。
なお、市といたしましても、道路パトロール等で現地の状況を見ながら、必要に応じて県に連絡するなどの対応を行ってまいります。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9827

 

カーブミラー角度の修正について(平成30年10月19日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

先日の台風にてカーブミラーの角度が変わってしまった所があります。場所は 吉川市木売新田328-8の交差点になります。よろしくお願いします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。10月19日午前中にカーブミラーの調整をさせていただきました。
ご確認いただき問題がございましたら、道路公園課までご連絡頂けたら幸いでございます。

担当課

道路公園課、電話、048-982-9814

 

駅前の鳥対策について(平成30年10月17日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

吉川ライフ周辺について。市の方が音による鳥退治をしてくださっているのを何度かお見かけし、非常にありがたく思います。ですが最近、道路や樹木に付着した糞から異臭がします。
夜になればいなくなるので鳴き声は仕方ないと我慢できるのですが…近隣には小さな子供も多く、私の子供も喘息気味のため、糞による感染症も心配です。対策をお願いいたします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
ご指摘いただいたとおりムクドリの止まっている電線の下や樹木等に糞が付着している状況を確認いたしました。
ムクドリには、6月頃から郊外の竹林や市街地の街路樹に大きな群れとなって「夏ねぐら」をつくる習性があります。10月くらいになると「ねぐら」はなくなり、大きな群れは解消されますので、この間について、定着させない追い払いの対策を行っているところです。今年につきましては10月中旬の今でも例年より多くのムクドリが飛来しており、すべてのムクドリを追い払うことができていない状況から、糞も多くなっていると思われます。
このようなことから、糞の多い歩道や樹木につきまして清掃を実施することといたしましたので、ご理解をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

ムクドリの対策について(平成30年10月16日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

今年吉川駅前のマンションに居住し始めた者です。入居当初、通りの樹木に ムクドリが嫌がる音を… と看板がかかっているのを見て懸念はしておりましたが、さほど鳥を見かけることもなかった為忘れかけておりました。
ところが、9月後半~10月に入ったくらいからでしょうか?ライフの前~うちのマンションの側部、マンションの正面の道、直角に夥しい数のムクドリが現れ、夜中まで鳴き声がうるさいです。夕方早めに仕事を終えて帰ることができても、マンションの目の前で飛び回って鳴いているため、糞も心配ですし、やはり頭上にあの数がいると恐ろしくて近寄れず、マンションに入れません。仕方なしにムクドリのいない裏道や、スーパーの中をうろうろして、静かになった頃を見計らってダッシュでマンションに入っています。朝も、マンション前の交差点はムクドリの糞で真っ白に変色し、雨で濡れた日はひどい匂いです。せっかくの街路樹も糞で枯れてしまって可哀想です。
先日隣駅の越ケ谷レイクタウンに遊びに行ったところ、ムクドリが集まっていた駅前の木々がばっさり剪定されていたため、吉川駅に流れてきたのでしょうか?後々調べてみると、吉川駅=ムクドリというようなネット記事やニュースの映像等が見つかり、引越したい気持ちでいっぱいですが、入居したばかりでなかなか難しいため、どうか、改めてご対応をお願い致します。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
ムクドリには、繁殖期が終わる6月頃から郊外の竹林や市街地の街路樹に「夏ねぐら」をつくり、大きな群れを作る習性があります。10月くらいになると「ねぐら」はなくなり、大きな群れは解消されますので、この間について、ねぐらとして定着させない追い払いの対策が現在のところ行える手段となっており、ムクドリが止まれないように樹木の剪定や、毎年、固定式防除機械の設置と、職員が手持ち型の機械を用いて追い払い作業を行っています。
今年につきましては10月中旬の今でもムクドリが大量に飛来しており、これまでの対応ではすべてのムクドリを追い払うことができていない状況です。
今後につきましては、より効果的な追い払い対策を検討しつつ、ねぐらが解消されるまでの間、引き続き追い払い作業を続けてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

環境課、電話、048-982-9698

 

スポーツ施設について(平成30年10月12日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

ムサシノグラウンドに、吉川中学校ができる事になり、スポーツ少年団の活動場所が少なくなり、子供がのびのびとスポーツできる場所がなくて、困っています。
美南駅前の事業計画を、子供達が身体を動かせる場所も増やせる様にして頂きたいです。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
吉川美南駅東口周辺地区土地区画整理事業につきましては、新たに公園等を整備していく予定となっておりますが、具体的な整備の内容につきましては、今後、市長キャラバンやワークショップ等を開催し、広く市民の皆様の意見を聴いた上で、決定してまいります。
なお、市長キャラバンにつきましては、11月9日(金)に中央公民館にて19時より、11月11日(日)におあしすにて18時より開催を予定しております。また、ワークショップにつきましては、来年2月以降に開催を予定しておりますので、ぜひご参加ください。

担当課

吉川美南駅周辺地域整備課、電話、048-982-9425

 

保育園入園のための点数 (平成30年10月10日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

来年4月保育園入園の為の、申請書類受付が先日開始されました。入園に当たって、申請者の家庭状況や両親の勤務実態などを点数化して、優先順位が決められます。その、保育園入園のための点数に関して、要望です。
(1)自営業者の妻の点数認定が、労働実態と乖離があります。実際に見合う点数を付与するように運用してください。
(2)自治会役員など、地域自治への貢献を、点数付与の項目に加えてください。今年いきなりは難しいと思いますが、少なくとも、同点時の考慮事項には入れてください。
今年の加点項目と減点項目は、確定して公表されていますから、後出しジャンケンで今年からというのが無理なのは理解してます。しかしせめて、同点時の考慮事項には、今年から入れてほしく思います。
以上2項目、検討お願いいたします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
現在、保育施設の利用の際には、全ての方が希望される保育施設に入所することが難しいことから、利用を調整するために保護者の就労やご家庭・兄弟姉妹の状況などを指数化する基準を設け、それぞれのご家庭の状況を指数化した上で、合計指数の多い児童から順に希望される保育施設に入所していただいております。
ご要望のうち、1点目の自営業の方の配偶者の指数についてですが、既に平成29年4月当初の入所受付から、減算指標の「自営協力者」を見直し、同じ基準で指数の算定は行っております。
また、2点目の加算指標に自治貢献度を取り入れるというご提案についてですが、市民の方々がそれぞれの地域において、子どもたちや地域コミュニティのために自主的に活動をされていることは、大変重要な活動であり、ご要望の趣旨はとても理解いたします。
しかしながら、保育施設の利用調整基準の加点の対象とするためには、他の基準と同様に、会社が発行する勤務証明書や医師の診断書、家族構成や所得の状況など、客観的に判断できる基準を設ける必要があり、その運用にあたっては、地域活動の内容や活動時間を区別するとともに、個人個人の活動実態を正確に把握した上で、自治会活動に参加される全ての方々が公平に加点を得られる仕組みとしなければなりません。
このため、地域活動の区別や活動実態の把握はできないことから、利用調整基準の加点項目とすることや同点時の考慮事項とすることは現時点では大変難しいと考えますので、ご理解をいただきますようお願いいたします。

担当課

保育幼稚園課、電話、048-982-9528

 

街灯の設置について(平成30年10月9日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

9月30日の台風で吉川駅前郵便局近辺の遊歩道の街灯が倒れましたが、迅速に撤去していただき、ありがとうございました。しかし、夜の時間は街灯が無いため、周辺が暗くなっています。
新しい街灯を付けていただくことは可能でしょうか。ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
台風24号の被害により街路灯が倒れ、大変ご迷惑をおかけしました。倒れた街路灯が遊歩道を遮っており、危険な状況であることから撤去させていただきました。
新たな街路灯につきましては、10月中を目途に設置できるよう、現在、手続きを行っているところでございますので、よろしくお願いいたします。

担当課

危機管理課、電話、048-940-1072

 

オリンピック・パラリンピック開催に伴う影響について(平成30年10月1日受け付け)

ご意見・お問い合わせの内容

度々エンピツ書きで失礼いたします。大手スーパーに2年後のオリンピック期間中、大雪の時と同じでトラックが思うように走れず、スーパー、コンビニの店頭に品物が並ばないような事にならないでしょうか。と問い合わせたところ、オリンピック期間中は首都圏、平常時よりオリンピック関係車両が多数走り、その上テロ対策などの理由で警察が交通規制をかけるため、物流は思うようにならないことが考えられるため、これから必死に考えていきます。との返事をいただきました。
場合によっては、オリンピックは2週間、最悪、物流が思うようにならず、店頭に品物がなくなる事も考えられます。オリンピック関係機関、市町村役場、県庁、トラック業者、警察、小売業などが物流がスムーズに流れるよう、今から必死に計画を練るのでしょうが、どうしてもコンビニ、スーパーなどに品物が届かなくなると思います。
そこで、吉川市役所にお願いがあります。もし、そちらで店頭が品薄状態になりそうと予測するならば、前々から市報等を使い、この2週間の間に備え、何を買いそろえたらいいか、度々案内という形で表記していただけないものでしょうか。余分な考えでしたら、申し訳ありませんが、大手スーパーが今からいろいろと考えている案件です。よろしくご検討いただけましたら幸いです。

回答内容

ご意見ありがとうございます。
2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは、大会期間中において関係者や観客の輸送と一般交通が交錯し、市民生活や経済活動が影響を受ける恐れがあるとされています。このため、政府、組織委員会、東京都、関係自治体及び経済界が一体となり、市民生活や経済活動への影響が最小限になるよう検討、調整をしているところでございます。
市としましては、組織委員会の動向を注視しながら、必要に応じて対応してまいります。

担当

政策室、電話、048-982-9445