人・農地プランとは

人・農地プランとは、農業者が話し合いに基づき、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など地域が抱える課題を明確にし、今後の農業の在り方を決める計画です。

人・農地プランの実質化までの流れ

  1. アンケートの実施
    地域内の農業者にアンケートを実施し、概ね5年後、10年後を見据えた地域の農業の状況・意向等を確認します。
  2. 地図化による地域農業の現況把握
    アンケートの結果を基に「現状の農業者の年齢別構成」「地域の担い手及び後継者の確保状況」等を地図に落とし込み、話し合いの際に活用します。
  3. 地域における話し合い
    2で作成した地図を活用して地域農業の現状を把握し、今後の農地の利用方針や農地の集積・集約に関する将来方針について話し合います。
  4. 人・農地プランの決定・公表
    話し合いの末、作成した「人・農地プラン」を市の検討会にかけて原案の妥当性などを審議し、その意見を伺います。その後、結果を取りまとめ、実質化された「人・農地プラン」として公表します。

人・農地プランの実質化に向けた工程表の公開

人・農地プランの実質化については、その工程表を市町村のWEBサイト等で公開することになっています。

吉川市では、現在3地区の「人・農地プラン」実質化に向けて取り組んでいます。これら3地区の「人・農地プラン」実質化に向けた工程表を作成しました。全地区の「人・農地プラン」実質化を完成させるため、工程表のスケジュールを基に取り組んでいきます。

人・農地プランの実質化に向けた工程表

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)