LGBTとは

LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつです。

平成30年中に行われた民間調査(※)では、LGBT等に該当する人の比率は8.9%、約11人に1人とも言われています。

※電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2018」

性は4つの要素のグラデーション

性には、次の4つの要素があると言われ、それぞれの要素について「どちらかと言えば男性/女性寄り」、「どちらでもない」などと様々な答えがあります。性は一人ひとりが異なり、百人百様です。

  • 体の性:身体つきなどの生物学的な性
  • 性自認(心の性):自分が認識している性別
  • 性的指向(好きになる性):恋愛感情がどの性別に向くか
  • 表現する性:言葉遣いや服装などで、自分の性をどう表すか

「SOGI」(ソジ)

性の要素のうち、「性的指向(Sexual Orientation=SO)」と「性自認(Gender Identity=GI)」を組み合わせた造語です。「SOGI」(ソジ)は人の性のありようを表す言葉であり、性的マイノリティの当事者か否かに関わらず、全ての人を「多様な性の当事者」と捉えることができるため、国際的に使われ、広まりつつあります。

Ally(アライ)

アライは英語の「Ally」(支援者、味方)からきた言葉です。アライとは、LGBT等を理解し支援する人のことを一般的に指します。LGBT等を理解し、支援したいと願う人であれば、LGBT等であってもなくても、誰もがアライになれます。

「レインボーフラッグ」

(左の写真:市役所2階の市民参加推進課窓口に設置しているレインボーフラッグ)

レインボーフラッグは、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の尊厳と LGBTの社会運動を象徴する、6色の虹色の旗です。虹色は LGBTコミュニティの多様性を表し、LGBTの権利を求めるパレードなどで、しばしば掲げられます。

市民参加推進課では、誰もが互いに性の多様性を認め合う社会の実現を願い、レインボーフラッグを窓口に設置しています。