質問

地価が下がっているのに、固定資産税額が下がらないのはなぜですか?

回答

土地の固定資産税も家屋と同様に原則として評価額に税率をかけて税額を求めます。
しかし、平成6年度に土地の評価額を地価公示価格の7割程度に引き上げ、全国的な評価額の適正化、均衡化を図りました。それに応じて、税負担が急激に高くなってしまうため、評価額よりも低く抑えた課税標準額を算出し、次のようにこの課税標準額に税率をかけて税額を求めることとなりました。

課税標準額×税率(1.4パーセント)=固定資産税

ではなぜ課税標準額は、下がらないのでしょう?
それは評価額×税率という原則に徐々に戻ろうとしているためです。そのため、課税標準額は評価額と一緒には下がりません。したがって課税標準額が下がらない場合には税額も下がらないということになります。