質問

固定資産の評価替えについて教えてください。

回答

固定資産税の土地と家屋の評価は3年に一度評価替えが行われます。

固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行われ、市町村長がその価格を決定し、この価格をもとに課税標準額を算定します。このようにして決定された価格や課税標準額は、固定資産課税台帳に登録され、その後固定資産課税台帳は閲覧に供されます。

価格の据置措置

 土地と家屋については、原則として、3年ごとに評価替えを行い、1月1日現在の価格を固定資産課税台帳に登録します。3年間については評価は変わらず、評価替えの年に評価が変わります。

固定資産の価格決定はこちら