質問

家屋が老朽化しているのに、評価額が下がらないのはなぜですか?

回答

家屋の評価額は、評価の対象となった家屋と同一のものを評価替えの時点においてその場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費に、家屋の建築後の年数の経過によって生じる損耗の状況による減価などを表した経年減点補正率を乗じて算出されます。
ただし、その価格が前年度の価格を超える場合には、通常、前年度の価格に据え置かれます。

固定資産の価格決定はこちら