夜の冷え込みにご注意

気温がマイナス4度以下になりますと、防寒の不完全な水道管は凍ったり、破れつしたりします。
特に多いのは次のようなところです。

  1. 水道管がむき出しになっているところ
  2. 水道管が北向きにあるところ
  3. 風あたりの強いところにある水道管

水道管が破れつしたとき

まず、止水せんを閉めて水を止めます。そして、破れつした部分に布かテープを巻きつけて応急手当をしてから、下記の指定給水装置工事事業者へ修理をお申し込みください。給水装置の工事は、水道法および市の給水条例等により、指定給水装置工事事業者でなければ施工できないことになっています。市指定の給水装置工事事業者以外の者が修理した場合、個人が修理した場合は、漏水減額の対象となりません。

なお、減額につきましては漏水した場合の水道料金の減免をご覧ください。

 

  1. 吉川市内の水道工事店(指定工事事業者)2017年9月30日現在.pdf [127KB pdfファイル] 
    上記1は、「吉川市内の水道工事店のみ」を郵便番号順に掲載しています。
  2. 吉川市指定給水装置工事事業者一覧 2018年1月31日現在.pdf [259KB pdfファイル]      
    上記2は、水道法第16条の2に基づき「吉川市の指定を受けた全業者」一覧です。 

水道が凍って出ないとき

タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてとかします。直接かけると破れつやヒビ割れすることがありますので、ご注意ください。

防寒のしかた

  1. 特にじゃ口が破れつしやすいので、保温材で包んでください。
  2. 手近なものとして、毛布、布などを利用してください。なお、これらがぬれないように、上からビニルなどを巻いてください。
  3. メータボックスの中に使い古しの毛布や布切れなどを入れ、メータボックスの上にダンボールなどをのせて保温してください。

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)