クビアカツヤカミキリにご注意ください

クビアカツヤカミキリは、サクラなどに寄生し、樹木を衰弱させ、枯死させる危険性のある特定外来生物です。平成25年に草加市、八潮市、平成29年に越谷市、羽生市、行田市、熊谷市、深谷市、加須市で同種の被害が確認されていましたが、令和元年6月に吉川市内で初めてサクラの被害が確認されました。

今後の被害拡大を防ぐため、市内でクビアカツヤカミキリを確認したときは、速やかに捕殺し、情報提供くださいますようお願いします。

クビアカツヤカミキリについて

  • 体長…約2.5から4センチメートル
  • 特徴…全体的に光沢のある黒色で、胸部(首部)が赤色(オスの触覚は体長より長く、メスの触覚は体長より短い)
  • 生態…幼虫は樹木の内部を摂食し、2から3年かけて成長し、その後6月から8月に成虫となって樹木の外に出る
  • 被害実態…樹木に幼虫が侵入すると内部を摂食し、根元などに「フラス」とよばれるフンと木くずの混ざったものが排出され、最終的に樹木が枯死することがある。
  • 被害樹木…サクラ、ウメ、モモ、スモモなど主にバラ科の樹木

クビアカツヤカミキリ(成虫)

クビアカツヤカミキリ(成虫)

クビアカツヤカミキリ(幼虫)

クビアカツヤカミキリ(幼虫)

フラスが確認された樹木

フラスが確認された樹木

クビアカツヤカミキリを確認したときの対処法

  • 成虫…速やかに捕殺してください
  • 幼虫…フラスが確認でき、幼虫を見つけたら捕殺してください。

クビアカツヤカミキリの関連情報

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)