会社や役所を退職し、厚生年金や共済年金などを受けられる65歳未満の方とその被扶養者は、「退職者医療制度」で医療を受けます。退職者医療制度は平成26年度末で廃止されましたが、それまで退職被保険者だった人が65歳になるまでの間は、引き続き退職者医療制度の対象となります。

対象となる人は?

退職被保険者本人は、次の条件全てに当てはまる人です

  1. 国保に加入している人
  2. 65歳未満の人
  3. 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人

退職被保険者の被扶養者は、次の条件全てに当てはまる人です

  1. 国保の加入者で、65歳未満の人 
  2. 退職被保険者本人の配偶者(事実上婚姻関係の人を含む)と三親等内の親族で、本人と生活をともにし、おもに本人の収入によって生計を維持している人
  3. 年収が130万円(60歳以上の人または一定以上の障害を有する人は180万円)未満の人

届け出の方法は?

年金証書を受け取ったら、14日以内に届け出てください。「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。

届け出に必要なもの:保険証、年金証書

 一般の被保険者との違いは?

退職被保険者(及びその被扶養者)の方であっても一般の被保険者の方であっても、保険税の計算方法や医療機関での受診方法に違いはありません。退職者医療制度では、受診した際の医療費の一部が会社等の健康保険からの拠出金等で賄われています。

ライフイベント