異なるワクチン間の接種間隔が一部変更されます

  異なるワクチンの場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに、一定の間隔をあける必要がありましたが、定期接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日から注射の生ワクチン同士の接種時のみ、接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンの接種間隔については制限がなくなりました。