都市計画マスタープランの改定

平成12年に、概ね20年の計画期間として策定したマスタープランは、令和3年度に目標年次を迎えます。また、第5次吉川市総合振興計画においても令和3年度に目標年次を迎えます。このような中、全国的な人口減少、少子高齢化が進行し、人口増を前提としたまちづくりから、持続可能な安定・成熟したまちづくりが求められています。
また、コンパクトなまちづくりと連携した公共交通ネットワークの形成、空き家・空き地の増加による都市のスポンジ化対策、地球規模の環境問題への対応、激甚化している自然災害への対策など、多様かつ複合的な社会的課題に対応していく必要もあり、現行のマスタープランの策定当時とは、社会経済情勢等が大きく変化しています。
さらに、2015年9月の国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」においては、2030年を年限としており、その目標達成に向けて、市の果たすべき役割は重要となっています。
これらのことから、「第6次吉川市総合振興計画」と埼玉県が策定する「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」の上位計画に即するとともに、社会経済情勢の変化やSDGs(持続可能な開発目標)の推進等に対応し、市民等の幸福実感の向上を目指すためにマスタープランを改定するものです。

改定体制について

都市計画マスタープランの改定は、多様な市民参画によって市民のまちづくりへの思いや考え方をお聞きしながら、庁内改定体制において協議・検討し、改定します。

 

市民参画について

改定にあたっては、これまでの市民意識調査の結果などを踏まえるとともに、これから実施を予定してる市民アンケート調査や地域ヒアリング、市民説明会などの多様な市民参画を実施し、多くの市民の方々からまちづくりへの思いや考え方等を伺いながらマスタープランを改定してまいります。また、市民とまちの将来像などの共有し、協働によるまちづくりを推進することで、市民にわかりやすい計画づくりに努めます。

市民アンケート調査を実施しました

現行のマスタープラン策定時の市民等の意向の変化や、将来の市のまちづくりに対し、幅広い年代層からの意向等を把握・分析するため、18歳以上の市民1500人を対象として意向調査を実施しました。

【調査時期】6月26日から7月10日まで
【対象】市内在住の18歳以上の男女1500人(無作為抽出)
【方法】郵送・回答
【回答件数】573件(回答率38.2パーセント)※現在、アンケート結果を集計中です。

市民アンケート調査(中学生・高校生)を実施しました

未来を担う中学生・高校生が思い描く将来の吉川市のまちづくりに対する思いや考え方等の把握を目的として意向調査を実施しました。

【調査時期】10月から11月
【対象】(1)市内4中学校の中学2年生
    (2)市内在住の吉川美南高校生
【方法】直接配布・回答
【回答件数】803件 ※現在、アンケート結果を集計中です。

地域ヒアリングを開催しました

都市計画マスタープランの改定にあたり、市民の方々のご意見やお考えなどを把握するため、地域ヒアリングを開催しました。

【日時】(1)令和2年10月20日 午後5時から
    (2)令和2年10月25日 午後5時30分から
【会場】市民交流センターおあしすホール

  ⇒ 10月20日開催記録 [ 305 KB pdfファイル]

  ⇒ 10月25日開催記録 [ 289 KB pdfファイル]

市民ワークショップ「よしかわ若者会議 ~私たちの未来のはなし~」を開催しました

都市計画マスタープランの改定にあたり、将来のまちづくりの方向性を検討するため、若い世代を対象としたワークショップを開催しました。

第2回ワークショップ
【日時】令和2年10月31日 午後1時30分から
【会場】吉川市役所202会議室
【内容】SDGsの視点でのまちづくりについて・吉川市の将来に向けた取り組みについて

⇒ 第2回開催記録 [ 311 KB pdfファイル]

第1回ワークショップ
【日時】令和2年9月30日 午後6時から
【会場】吉川市役所202会議室
【内容】吉川市の現状について・将来の吉川市について

⇒ 第1回開催記録 [ 323 KB pdfファイル]

まちづくり掲示板を設置しました。(設置期間終了)

令和2年10月1日木曜日から令和2年10月26日月曜日まで、市内公共施設(市民交流センターおあしす、平沼地区公民館、中央公民館、美南地区公民館、総合体育館、東部市民サービスセンター、北部市民サービスセンター、情報サービスセンター・コア1階アトリウム、児童館ワンダーランド)にまちづくり掲示板を設置しました。
期間中、106件の「10年後の吉川をこんなまちにしたい!」というご意見をいただきました。
皆さんからいただいたご意見を計画策定に反映させていきたいと思います。
たくさんのご意見ありがとうございました。

 ⇒ まちづくり掲示板実施記録 [ 983 KB pdfファイル]

パブリック・コメント

都市計画マスタープランの改定案について、広く市民に公表し、案に対する市民の多様なご意見等を収集することを目的として、パブリック・コメントを実施します。

【実施時期】令和3年度中に実施予定(詳細が決まりしだい、広報誌やホームページでお知らせします)

市民説明会

都市計画マスタープランの改定案について、市民と広く意見交換などを行うため、市民説明会を実施します。

【実施時期】令和3年度中に実施予定(詳細が決まりしだい、広報誌やホームページでお知らせします)

※今後の新型コロナウイルス対策の状況によっては、実施を見合わせる場合や実施規模を縮小する場合があります。

都市計画審議会

マスタープランは、市が定める都市計画のよりどころとなる計画であることから、都市計画に関する事項について調査審議等を行う都市計画法第77条の2の規定に基づき設置する市の附属機関で、公正かつ専門的な第三者機関である吉川市都市計画審議会に諮問します。

【開催時期】令和3年度中に諮問を予定しています。

情報提供

マスタープランの改定を進めるにあたっては、多くの市民の関心を高め、幅広い市民参画を図るため、改定過程や原案などを広報紙や市ホームページなどを活用し、情報提供に努めます。

 

改定スケジュール(予定)

都市計画マスタープランの改定は、令和2年度から令和3年度の2か年間で改定します。
令和2年度は、市民アンケート調査や地域ヒアリング、市民ワークショップ、都市計画審議会を開催し、庁内会議で計画原案を作成します。
令和3年度は、計画原案等のパブリックコメントや市民説明会を実施しながら、都市計画審議会への諮問・答申を経て、都市計画マスタープランを改定し、市民に公表します。

  

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)