住宅改修費補助事業

予算枠に達したため、今年度の受付を終了しました。

 

 

吉川市では、市内の施工業者を利用した住宅リフォームの工事費の一部を補助いたします。

住宅改修費補助事業の概要は以下の通りです。

受付期間

前期:平成30年5月14日(月曜日)から前期分の予算枠に達するまで ※終了しました。

後期:平成30年10月1日(月曜日)から後期分の予算枠に達するまで ※終了しました。

補助額

補助対象工事費用(税抜)の10パーセント(千円未満切り捨て)

限度額:10万円

※原則、見積額が補助の対象ですが、実際の工事額が見積額より下がった場合は、その額を対象とします。

※補助金の交付は、1つの住宅につき1回限りとします。

申請資格(すべてに該当すること)

  • 補助金の交付申請時において、市内に1年以上住民登録をしていること 。
  • リフォームする住宅の所有者であり、かつ、その住宅に居住していること。
  • 補助金の交付申請時において、市税の滞納がないこと。
  • 過去にこの補助金の交付を受けていないこと。

対象住宅

  • 対象者が市内に所有する個人住宅。

※区分所有の集合住宅(マンション等)の場合は、個人の専有部分のみ対象となります。

※店舗等との併用住宅の場合は、居住部分のみ対象となります。

対象工事

  • 市内に本店等を有する住宅改修施工業者が行うこと。

※営業所・支店等の場合は、書類一式が市内の店舗から発行されることが条件となります。

  • 工事額が20万円以上(税抜)であること。
  • 着手する前の工事であること。
  • 平成31年3月15日(金曜日)までに完了し、工事完了報告書を提出できること。
  • 市が実施している他の住宅改修に係る補助金の対象とならないこと。
  • 建物の内外装の改修及び修繕、建物の増改築等の工事であること。

※すでに改修工事を着工している場合や、改修工事が完了している場合は対象外です。

※詳細はパンフレット(下記よりダウンロード可)をご覧ください。

申請書類

改修工事前に提出する書類
  • 吉川市住宅改修費補助金交付申請書(指定様式、下記よりダウンロード可)
  • 住民票(申請者本人または同居の親族とわかるもの)
  • 市税完納証明書(指定様式、本庁収納課のみで発行)
  • 固定資産税・都市計画税納税通知書の(例年5月発送)の「表紙」及び「平成30年度(土地・家屋)課税証明書」の写しまたはこれに準ずる書類
  • 改修工事見積書の写し(工事内訳の記載、施工業者の記名、捺印のあるもので、対象工事以外の工事も見積書に含む場合は、金額の別が分かるようにすること。
  • 住宅改修工事設計図面(図面を作成する場合に限る) および案内図
  • 改修予定箇所の施工前の写真
  • 委任状(本人または同居の親族以外の方が申請書等の提出を行う場合)
改修工事後に提出する書類
  • 吉川市住宅改修費補助金工事完了報告書(指定様式、下記よりダウンロード可)
  • 施工業者が発行する領収書の写し
  • 改修工事の請負契約書の写し(交付申請時に未提出の場合)
  • 住宅改修後の施工箇所の写真
  • 建築基準法第7条に基づく検査済証の写し(建築確認申請が必要な場合)
  • 吉川市住宅改修費補助金請求書(指定様式、下記よりダウンロード可)

ダウンロード

wordデータ
PDFデータ

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)