新型コロナウイルス感染拡大防止のため市民課の窓口混雑緩和についてお願い

例年3月下旬から4月にかけて、引っ越しに伴う住所変更等の手続き等により、市役所窓口、市民サービスセンターが大変混雑します。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、窓口混雑緩和の対策について、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

混雑日時を避けてご来庁ください

 下記の日時は窓口が大変混みあいます。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、混雑する日時を避けてご来庁ください。

曜日:月曜日、金曜日

時間:午前11時から午後2時

郵送での転出手続きをご利用ください

 郵送にて転出手続きが可能です。ただし、転入、転居、世帯変更などの手続きはご来庁の必要がありますので、ご注意ください。

 郵送での転出手続きについては申請書ダウンロードの異動届をご利用ください。

郵送やコンビニエンスストアで各種証明書が取得できます

 市民課窓口で交付される住民票の写しなど(印鑑登録証明書は除く)は、郵送で申請することができます。

 なお、郵送での証明書の申請方法については申請書ダウンロードをご確認ください。

 

 個人番号カードをお持ちの方は、住民票の写しなどの証明書をマルチコピー機が設置されているコンビニエンスストアで取得できます。窓口に比べ待ち時間が少なく証明書の交付が受けられます。また、休日や平日の業務時間外でも、証明書の交付が受けられます。

 コンビニエンスストアでの証明書交付については、コンビニ交付をご確認ください。

申請書の事前準備について

 ご自宅のパソコンなどで、証明書の申請書がダウンロードできます。来庁前にご記入いただくことで、市役所での滞在時間を短くすることができます。

 申請書のダウンロードをご利用ください。

転入、転居、世帯変更などの届出期間が延長されます

 転入、転居、世帯変更などの住民票の異動にあたっては、異動日から14日以内のお手続きが必要となっておりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出を控えている場合の取扱いとして、当分の間、14日を過ぎた場合でもお手続きいただけます。

 

 ただし、転入届に伴う個人番号カードの継続利用を行わなかった場合、転出予定日から30日(当分の間60日)が経過する又は、転入日から14日が経過すると、個人番号カードが失効となりますのでご注意ください。

 

 住民票の異動のお手続き以外に、住所等が変わることにより必要となってくる他のお手続き(各種手当や各種免許証等の住所変更手続き)につては、それぞれの窓口、機関によって取り扱いが異なりますので、詳しくは該当する窓口、機関にお問い合わせください。

個人番号カードの受け取りは交付通知書に記載された期間を経過してもお受け取りいただけます

 個人番号カードの交付準備が整った方に、個人番号カードの交付通知書をお送りしております。交付通知書には、お受け取り期限が記載されておりますが、期限経過後でも個人番号カードが市役所に送致された翌年度末まで保管しておりますので、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、適切な時期にお越しくださいますようお願いいたします。

個人番号カードの電子証明書の更新(再発行)は有効期限を過ぎた場合でも手続きが可能です

 個人番号カードに搭載されている電子証明書が有効期限を迎える方に、地方公共団体情報システム機構より、有効期限のお知らせに関する通知書が郵送されております。電子証明書の有効期限が過ぎた場合、コンビニ交付や電子申告などがご利用できなくなりますが、新たに電子証明書の発行手続きをすることで、コンビニ交付などがご利用になれます。

 電子証明書の有効期限更新手続きは、誕生日の3か月前から市民課窓口にて可能となりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、適切な時期にお越しいただきますようお願いいたします。