狂犬病予防法により、生後91日以上のワンちゃんには登録と狂犬病予防注射が義務付けられています。

  • 登録などの手続きは、市役所環境課(保健センター2階)で行えます。
  • 狂犬病予防注射は、毎年1回、4月1日から6月30日までの間に、市が行う集合注射または動物病院で受けてください。
  • 集合注射は、埼玉県獣医師会の協力を得て、毎年、4月頃に行います。場所と日程は広報等でお知らせします。 

鑑札・注射済票は、必ずワンちゃんにつけましょう

ワンちゃんには、鑑札と狂犬病予防注射済票を首輪などに着けておくことが義務付けられています。この鑑札や狂犬病予防注射済票を着けておくことで、ワンちゃんを登録した市役所で、簡単に飼い主さんの連絡先がわかり、着けていないときに比べワンちゃんが早く家に帰ることができます。必ずワンちゃんに着けてあげてください。

犬の鑑札と予防接種済票

手続きのときに提出する書類

引っ越しをされる場合には
  • 市内で転居されるとき         犬の登録事項変更届 [35KB docファイル] 

  • 市外に転居されるとき         転居先の市町村窓口に鑑札を持参して届出を提出してください。

                • (鑑札を持参した場合は、手数料は無料となります。)                    

登録、狂犬病予防注射済票交付などの手数料

  • 登録手数料 3,000円
  • 注射済票交付手数料 550円
  • 鑑札再交付手数料 1,600円
  • 注射済票再交付手数料 350円

市内の動物病院

   吉川市保1-27-5     電話:048-954-5702

  • アニマルメディカルセンター

   吉川市吉川2-27-1   電話:048-983-1199 

  • 岡田獣医科病院

   吉川市下内川108    電話:048-991-6251

  • オザキ動物病院

   吉川市保780-6      電話:048-982-2540

   吉川市中曽根1-12-29 電話:048-982-9766

   吉川市吉川169-1    電話:048-983-6528

  • ジュピターどうぶつクリニック

    吉川市美南5-12-1   電話:048-984-0001  

狂犬病について       

狂犬病は、人畜共通感染症のひとつで、犬以外にも人や、猫などすべての哺乳類が感染し、発症すると致死率がかなり高い病気です。日本では、昭和25年に制定された狂犬病予防法に基づき、犬の登録、予防注射の徹底等の措置がとられた結果、昭和32年以降は発生していませんが、万一の発生時に備えるためにも犬を登録し、予防注射を実施しなければなりません。世界の国や地域において、狂犬病が発生していないとされているところは、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、イギリス、日本、そして太平洋上の島国ぐらいで、世界では、毎年3万5,000から5万人が狂犬病によって死亡していると言われています。

詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。    

犬の登録数と狂犬病予防注射の数

各年度ごとに年度末(3月31日時点)の犬の登録数と狂犬病予防注射の数を掲載します。犬の登録数、狂犬病予防注射の数の順番で掲載しています。単位は、頭です。

     登録数4,277  狂犬病予防注射数2,950(集合注射1,392、動物病院での注射1,558)

   登録数4,137  狂犬病予防注射数2,901(集合注射1,431、動物病院での注射1,470)

   登録数4,095  狂犬病予防注射数2,807(集合注射1,522、動物病院での注射1,285)

   登録数3,891  狂犬病予防注射数2,757(集合注射1,591、動物病院での注射1,166)

   登録数3,790  狂犬病予防注射数2,584(集合注射1,437、動物病院での注射1,147)