申請からサービス利用までの流れ

1.「要介護・要支援」認定の申請

介護保険のサービスを利用するためには、「要介護・要支援」認定を受けなければなりません。介護が必要な状態になったら、「要介護・要支援」認定の申請をしてください。申請窓口は、吉川市役所の長寿支援課です。
窓口の手続きができない場合は、居宅介護支援事業者、地域包括支援センター、介護保険施設などに申請を代行してもらうこともできます。

2.認定調査・主治医の意見書

市の職員などが家庭や施設を訪問し、心身の状態などの調査をします。あわせて、市が申請者の主治医から、心身の状況についての意見書を取り寄せます。

3.介護認定の審査・判定

どのくらいの介護が必要かどうかを審査します。
認定調査・主治医意見書をもとに、介護認定審査会で「介護や日常生活の支援が必要かどうか」「どのくらいの介護が必要かどうか」を総合的に審査・判定します。

4.介護認定

介護認定審査会の審査・判定結果に基づいて、認定し申請者に通知します。(申請から認定までは原則30日以内)
要介護・要支援認定は、原則6カ月ごとに見直します。
「自立」(非該当)と認定された方は介護保険のサービスは利用できませんが、吉川市の高齢者福祉サービスや地域支援事業を利用できます。
※認定結果に不服がある場合は、埼玉県に設置されている介護保険審査会に申し立てができます。

要介護度と状態像のめやす
  • 要支援1・・・日常生活は送れるが、見守りや一部介助が必要
  • 要支援2・・・日常生活は送れるが、歩行・立ち上がりなどで一部介助が必要
  • 要介護1・・・排泄・入浴・洗顔・着替えなどに一部介助が必要
  • 要介護2・・・排泄・入浴・洗顔・着替えなどに一部または全面的な介助が必要
  • 要介護3・・・排泄・入浴・洗顔・着替えなどに全面的な介助が必要
  • 要介護4・・・生活全般にわたってほぼ全面的な介助が必要
  • 要介護5・・・生活全般にわたって全面的な介助が必要

5.居宅介護サービス(ケアプラン)計画の作成

※要介護1から5の認定を受けた方が、居宅サービスを利用する場合は、居宅介護支援事業者を決めて、ご自分の心身の状況等にあわせた介護サービス計画をつくります。
※要支援1から2の方がサービスを利用する場合は、地域包括支援センターが介護予防サービス計画をつくります。

6.介護サービスの利用

介護サービス計画、介護予防サービス計画に基づき、介護サービスを利用します。