郷土資料館展示品の一覧

江戸川対岸に位置する野田市のしょう油醸造業の隆盛により藁工品(わらこうひん)の産地だった吉川。しょう油はかつて樽詰で出荷されていましたが、吉川市域はその樽に結ぶ「しょうゆ縄」と呼ばれる縄の生産のほとんどをまかなっていました。当館に展示されている藁工品製作用具の一部をご紹介します。

縄ない機(なわないき)

縄をつくる機械。二口より藁を数本ずつ入れ、踏み板を踏み回転させながら藁をより、縄をつくる。縄の太さは歯車によって調整した。

縄ない機

縄こすり(なわこすり)

撚(よ)った縄の仕上げに使用する。両端の柱に取り付け回転させてケバを取る。

縄こすり

縄撚りかけ機(なわよりかけき)

しょう油樽の仕上げに撚りをかける用具。

縄撚りかけ機

藁繰機(わらくりき)

縄や草履の材料としての藁をやわらかくして、加工しやすいようにする道具。上下ニつのローラーに藁を挟みハンドルを圧迫して柔軟にする。
藁繰機

藁切り機(わらきりき)

牛や馬など家畜用のえさとして与えるために、稲藁を細かく切る道具。
藁切り機