吉川市子ども・子育て支援事業計画

吉川市子ども・子育て支援事業計画(平成27年度から平成31年度)

策定の背景

平成24年8月に「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法が成立しました。この3法に基づいて、待機児童の解消、保育・教育の質の向上、地域子育ての支援に取り組む「子ども・子育て支援新制度」の開始にあたり、子育て支援の質・量を高め、安心して仕事と子育ての両立が図られるようにするため、市で計画を定めました。

この計画では、教育・保育及び地域子ども・子育て支援事業の提供の確保及びそれに関連する業務の円滑な実施に関して定めるとともに、平成26年度に終了年度を迎えた「吉川市次世代育成支援対策地域行動計画」について、法に基づき設定された、地域における子育て支援事業の成果を引き継いでいます。

計画の改定(平成29年3月)

「幼児期の学校教育・保育」「病児病後児保育事業」について、計画上の見込み数に乖離がみられるため、学識経験者や関連団体の代表の方、市民の方々で組織した「吉川市児童福祉審議会」の中で、内容等の審議を行い、平成29年3月に計画の一部を改定しました。

主な改定内容

1.認定こども園、幼稚園、保育所の利用見込み数・確保の内容について

 美南地区の開発により、就学前人口が著しく増加したため、南中学校区域内での利用見込み数及び確保の内容を増加しました。

2.病児病後児保育事業について

 実績に合わせ、利用見込み数及び確保の内容を修正しました。

 新旧対照表.pdf [222KB pdfファイル] 

計画の基本理念

この計画では、各施策の基本的な考え方を示すものとして、3つの基本理念を定めています。

  1. 子育てに対する不安や孤立感を減らすために
  2. 安心して妊娠・出産・育児ができるために
  3. まちを生かした豊かな遊びと学びの環境を整えるために

計画策定の経過

計画の策定にあたっては、現在子育てをしている就学前児童及び小学生児童の保護者の方に、子育ての実態をお伺いするニーズ調査を実施するとともに、学識経験者や関連団体の代表の方、市民の方々で組織した「吉川市児童福祉審議会」の中で、平成25年度から2年間をかけ、計画内容等の審議を行い、幅広い意見を計画に反映しました。

※ 吉川市児童福祉審議会については、下記をクリックしてください。

吉川市児童福祉審議会

 計画書等

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)