企業版ふるさと納税とは

 企業版ふるさと納税は、内閣府が認定した地方自治体の地域再生計画に基づく事業に対して、企業の皆様が寄附を行った場合に、税制上の優遇措置を受けられる制度です。
 本制度は地方創生の更なる充実・強化に向けて、令和2年度より制度が大幅に見直され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されるなど、より使いやすい仕組みとなりました。 

 吉川市では、「吉川市まち・ひと・しごと創⽣総合戦略」に基づき作成された「吉川市まち・ひと・しごと創生推進計画」が地域再⽣計画として内閣府より認定されたことから、企業の皆様のご支援をいただき、当計画に位置付けられた事業について推進していきたいと考えております。

制度の概要

 この制度を活⽤した寄附を⾏うと、「損⾦算⼊による軽減効果(寄附⾦額の約3割)」と合わせて、寄附⾦額の約6割がさらに法⼈関係税から税額控除され、最⼤で寄附額の約9割が軽減されます。

 

【税額控除割合の引上げイメージ】

税額控除割合の引上げイメージ図

  1. 法人住民税
    寄附額の4割を税額控除(法人住民税法人税割額の20 パーセントが上限)
  2. 法人税
    法人住民税で4割に達しない場合、その残額を税額控除。ただし、寄附額の1割を限度(法人税額の5パーセントが上限)
  3. 法人事業税
    寄附額の2割を税額控除(法人事業税額の20パーセントが上限)

(例) 1,000万円寄附すると、最大約900万円の法人関係税が軽減。

 

詳細は、内閣府のホームページをご参照ください。内閣府地⽅創⽣推進事務局「企業版ふるさと 納税ポータルサイト」(外部リンク)

制度活用にあたっての留意事項
  • 吉川市に本社が所在する企業からの寄附は制度の対象外となります。この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所又は事業所」を指します。
  • 1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。また、寄附への返礼品の贈呈はありません。
認定された地域再生計画

地域再生計画「吉川市まち・ひと・しごと創生推進計画」.pdf [ 289 KB pdfファイル]

吉川市の取り組みにご支援いただける企業様を募集しています!【お気軽にご相談ください】

寄附対象事業        

「吉川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に位置付けられた事業が寄附の対象となります。

  • 子どもの笑顔と活気でまちを満たす事業
    • 更なる教育の充実に取り組み、確かな学力、豊かな心、健康と体力、未来を生き抜く力を身につけた子どもを育てます。
    • 出産・子育ての希望をかなえるため、地域の良好な環境づくりや支援等をより推進します。
    • SDGs(持続可能な開発目標)の「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し、未来を担う子どもの育成に努めます。
  • 市民の幸福実現を追求する事業
    • 製造業や農業をはじめとした地域産業の成長を図ります。また、就業機会の創出に取り組むことで、一人ひとりのニーズに応じた多様な就業希望の実現を図ります。
    • 市民が安心して暮らすことができるよう、安全で快適なまちづくりに努めます。
    • 生活の質の向上に努め、誰もが幸福を実感できる住みよいまちづくりに取り組みます。
    • SDGs(持続可能な開発目標)の視点を踏まえ、地域の活性化を図り、持続可能なまちづくりに努めます。
吉川市ひと・まち・しごと創生総合戦略

吉川市ひと・まち・しごと創生総合戦略のページはこちら

吉川市「地域再生計画」の特徴

子どもの笑顔と活気でまちを満たす事業

 当市では、すべての子どもが、安心して日々を送り、自分の将来に希望を持って成長していけるようICT教育の推進」をはじめ、様々な教育活動の充実に取り組み、 確かな学力、豊かな心、健康と体力、未来を生き抜く力を身に付けた子どもを育てるよう努めているところです。
 また、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指して、「子どもへの学習支援」や「子ども未来応援集会などの貧困対策の推進」を行うとともに子どもの遊びや勉強の場を作り、地域の子どもを地域の大人が見守る「地域寺子屋への支援」など、未来を担う子どもの育成に取り組んでいます。

  ICT教育の推進に向けたパソコン導入の写真  地域寺子屋の写真    

市民の幸福実現を追求する事業

 当市では、生活の質の向上に努め、誰もが幸福実感できる住み良いまちづくりに取り組んでいます。主な取り組みとして、公園が持つ魅力を再発見し、その価値を最大限に高める「公園再生プロジェクト」や土地区画整理事業の新設公園の整備、さくら通りの桜並木の保護など緑溢れるまちづくりを進めています。
 また、「文化芸術を総合政策として推進するための基本的な方針」を定め、演劇手法を取り入れた介護予防教室や、音楽・朗読といった文化芸術の表現を取り入れた平和イベントの開催等、様々な分野で文化芸術を活用した地域の課題解決に取り組んでいます。

  さくら通りの桜並木の写真    介護予防に向けた運動教室の写真  

寄附の流れ

  1. 寄附の申し出
    企業様からの寄附申し出について、随時受付をしております。
    ※ご寄附の意向については、吉川市政策室企画担当(048-982-9445)へご相談ください。
  2. 寄附申出書の送付
    寄附額等の必要事項を記載し、ご返送ください。
  3. 寄附金のご提供
    ご納付を確認次第、受領証を送付いたします。
  4. 税制措置の申請
    税の申告時に地方創生応援税制の適用がある寄附を実施した旨を申告するとともに、受領証をご用意のうえ、手続きをお願いします。
  5. ご寄附をいただいた企業の公表
    公表の了承をいただいた企業様を市ホームページで公表させていただく予定です。

寄附申出書.docx [ 15 KB docxファイル]

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)