マナビィいきいきとした人づくり、  ほのぼのとしたまちづくりをめざして


 

計画策定にあたって

 21世紀を迎えた今日、社会経済状況の変化の中、一人ひとりが心豊かに潤いのある充実した生活を送るため、生涯学習の推進は、市の大きな行政課題となっています。こうした状況のもと、平成8年度に策定した「吉川市生涯学習推進計画」を見直すことにより、生涯学習を推進する意義、目的、基本的な考え方、施策の体系、推進組織を一層明確にし、市の現況に即し特性を活かし、地域性豊かな方策を創出し、総合的な推進を図るため「第2次生涯学習推進計画」を策定しました。

計画の性格

 この計画は、市民の学習ニーズの高まりと社会的要請に対応した条件を整備して、市民の自発的・主体的活動を尊重して生涯学習を推進するとともに、生涯学習の成果が社会に還元され、まちづくりに活かせるような環境と条件を整えるための目標です。また市民が生涯学習活動を主体的に展開するときの活動の指針となるものです。

計画期間

平成14年度から平成23年度の10年間です。

総合目標

いきいきとした人づくり、ほのぼのとしたまちづくりをめざして

施策の大綱

  1. 学習機会の拡充
  2. 学習内容の充実
  3. 生涯学習指導者・ボランティアの育成と活用
  4. 生涯学習施設の整備と活用
  5. 生涯学習情報システムの確立
  6. 推進体制の確立