助成対象となる医療機関は、都道府県で指定された機関のみとなりますので、ご注意ください。 

不妊検査費・不育症検査費の助成

夫婦そろって不妊検査を受けた場合に上限2万円を助成します。

不育症検査については、夫婦そろって又は妻のみが検査を受けた場合に、上限2万円を助成します。

 

対象者

下記の要件に該当する方

  1. 双方または一方が吉川市に住民登録がある夫婦
  2. 他の市町村で過去に同様の助成を受けていない夫婦
  3. 不妊検査を開始する日に妻の年齢が43歳未満(誕生日の前日まで)
新型コロナウイルス感染拡大に係る取り扱い

令和2年3月31日時点で、妻の年齢が42歳である夫婦であっては、妻の年齢が44歳未満(誕生日の前日まで)

(ただし、令和3年3月31日までに検査開始した場合に限る)

対象の検査

下記の要件に該当する検査

  1. 指定医療機関(連携する泌尿器科を含む)又は助成対象医療機関で受けた検査   県外の指定医療機関はこちら
  2. 夫婦そろって受けた不妊検査(不育症検査は妻のみの検査も可)
  3. 特定不妊治療の一環として受ける検査でないこと
  4. 夫婦どちらか早い方の検査開始日から1年未満  
新型コロナウイルスの感染拡大に係る取り扱い

令和2年3月31日時点で、検査開始から1年以内かつ検査が継続している場合には、令和3年3月31日までに実施した一連の不妊検査または不育症検査を助成対象とする。

助成金額

不妊検査、不育症検査にかかった費用で上限2万円(千円未満切り捨て)

助成回数

1組の夫婦1回限り

申請期限

検査が終了した日の月末から6か月後の月末まで

 

新型コロナウイルスの感染拡大に係る取り扱い

検査期間の終期又は検査開始日から1年を経過した日のいずれか早い日が令和2年2月1日から令和2年3月31日までの間に属する場合、令和2年10月30日までに申請を行うことができる。

申請に必要なもの

  1. 吉川市不妊検査費・不育症検査費助成金交付申請書兼請求書 [115KB pdfファイル] 
  2. 該当する医療機関が発行した不妊検査費助成に係る実施証明書 [134KB pdfファイル](不妊検査)
  3. 該当する医療機関が発行した不育症検査費助成に係る実施証明書(不育症)
  4. 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(ただし、ご夫婦双方が市内在住で同一世帯の場合には不要)
  5. 検査を受けた医療機関が発行する領収書・治療内訳書
  6. 申請・請求者名義の金融機関口座番号
  7. 印鑑

早期不妊治療費の助成

埼玉県特定治療費の初回助成を受けた夫婦に、上限10万円を上乗せ助成します。

 

対象者

下記の要件に該当する方

  1. 双方または一方が吉川市に住民登録がある夫婦
  2. 不妊治療を開始する日に妻の年齢が35歳未満(誕生日の前日まで)
  3. 過去に不妊治療費の助成を受けていない夫婦
 

補助金額

県の助成額を引いた自己負担額に対し、上限10万円(千円未満切り捨て)

 

補助回数

1組の夫婦につき1回限り

 

申請期限

治療が終了した日の月末から6か月後の月末まで

 

申請に必要なもの

  1. 吉川市不妊治療費助成金交付申請書兼請求書
  2. 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(ただし、ご夫婦双方が市内在住で同一世帯の場合には不要)
  3. 不妊治療を受けた医療機関が発行する領収書・治療内訳書
  4. 埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定書(初回助成)の写し
  5. 埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し
  6. 申請・請求者名義の金融機関口座番号
  7. 印鑑

                                                        

※埼玉県不妊治療費助成事業については、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、時限的に年齢要件を緩和しています。

詳しくは埼玉県ホームページでご確認ください。相談窓口は草加保健所(電話番号:048-925-1551)です。

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)