令和2年度補正予算の概要についてお知らせします。

7月補正

歳出については、ひとり親世帯を支援するため支給する「ひとり親世帯臨時特別給付金給付事業」を計上するほか、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の拡充により実施する「事業継続支援事業」や「新生児子育て応援商品券給付事業」、GIGAスクール構想を実現するため1人1台端末を整備する費用について計上します。

歳入については、歳出事業費に合わせた国庫支出金や県支出金の補正を行うほか、財政調整基金の繰り入れを計上しています。

令和2年度7月補正:一般会計補正予算(第4号).pdf [ 457 KB pdfファイル]

6月補正

歳出については、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策のうち、市内経済対策として、プレミアム付き商品券発行事業に係る経費や中小企業等への支援対策に係る経費、生活困窮者対策として、ひとり親家庭等への臨時給付事業や相談窓口の設置に係る経費、避難所における感染症拡大防止対策として、災害用備蓄物資購入費用を計上します。また、国のGIGAスクール構想に基づく通信ネットワーク環境整備に係る経費を計上します。

歳入については、国が交付する新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金などを歳出事業費に合わせて計上しています。

令和2年度6月補正:一般会計補正予算(第3号).pdf [ 537 KB pdfファイル]

5月補正

歳出については、国の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」を受け、市民1人あたり10万円を支給する特別定額給付金給付事業と子ども1人あたり1万円を支給する子育て世帯臨時特別給付金給付事業に係る給付費と事務費を計上するほか、住居確保給付金給付事業の支援の拡充に対応する扶助費や、児童福祉施設等の感染症拡大防止を図るための費用を計上しています。また、予備費について緊急対応のために既にその一部を活用したことから、今後の不測の事態に備えるために増額します。

歳入については、歳出事業費に合わせた国庫支出金の補正を行うほか、財政調整基金の繰入を計上しています。

令和2年度5月補正:一般会計補正予算(第2号).pdf [ 393 KB pdfファイル]

専決処分による補正

国の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」を受け、特別定額給付金に係る事務費について緊急に予算措置する必要が生じたため、令和2年5月1日付けで市長の専決処分により増額補正を行いました。

令和2年度専決処分による補正:一般会計補正予算(第1号).pdf [ 559 KB pdfファイル]

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)