新型コロナウイルス感染症発生時等の対応方針について

 市では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図りつつ、保育を継続していくため、新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応方針を次のように定めました。

 保護者の皆様には、多大なご不便とご面倒をおかけいたしますが、現下の状況を踏まえ、何卒、ご理解とご協力をお願いします。

登園自粛の要請

各保育施設では、児童が次のいずれかの症状に該当する場合は、登園をお断りしております。

  • 登園前に体温を計測し、37.5℃以上の発熱がある場合
  • 呼吸器症状が認められる場合
  • 過去に37.5℃以上の発熱や呼吸器症状が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過、又は呼吸器症状が改善傾向となるまでの間

保育施設の感染予防

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各保育施設では、次の対応を行い、保育を実施しております。

マスクの着用

子どものマスクの着用については、「マスクの着用の考え方及び就学前児の取扱いについて」(令和4年5月20日厚生労働省事務連絡)に基づき、子どもの安全と保育の継続的な実施を両立するため、保育施設におけるマスクの着用については、以下のとおりとします。

(1)園児

 クラスの年齢に応じて、次のとおりとします。

  • 0・1歳児クラス
    マスク着用は推奨しないこととします。
  • 2歳児クラス
    マスク着用は推奨しないが、保護者から申し出があった場合は、無理のない範囲でマスク着用を可能とすることとします。ただし、保育施設において、子どもの体調や活動内容、気候などによりマスクを外した方が良いと判断した場合はマスクを外すこととします。
  • 3歳から5歳児クラス
    保育施設において、子どもの体調や活動内容、気候などにより適切にマスクの着脱を行うことを前提に、原則、マスクを着用することとします。ただし、マスク着用は一律に強制するものではありませんので、保護者からマスクを着用させないとの申し出があった場合は、個別に対応します。

(2)職員

 原則、常時マスクを着用します。

(3)保護者等

 保護者など来所者に対しては、マスクの着用を周知します。

手洗いの実施

接触感染を予防するため、職員及び児童は定期的に手洗いを実施してまいります。また、手洗い時の共用タオルの使用せず、個人持参のタオル又はペーパータオルを使用してまいります。

保育室の換気

保育室の密閉状況を防ぐため、1時間に1回以上、定期的に換気をしてまいります。

保育室等の消毒

ドアノブ、手すり、照明のスイッチなど多数の職員や園児が利用する部分について、水拭きやアルコール等により定期的に消毒してまいります。

共用する遊具についても、遊具を用いた後など都度、湯等で洗い流すなど消毒を徹底してまいります。

手指消毒設備の設置

保育施設の入り口には、入室者からの感染予防を図るため、消毒液などを設置してまいります。

保育施設内への入室制限
委託業者の入室
  • 委託業者等の入室は、マスクの着用や手指消毒、検温などの感染症対策を徹底した上で、実施することとします。
  • 入室のあった日から2日以内にPCR検査をする又は陽性が確認された場合は、速やかに保育施設へ連絡することとします。
外部講師・実習生の入室

外部講師・実習生については、感染予防を徹底したうえで、受け入れることとします。

保護者の入室(送迎等)の留意事項

(1)保護者の入室(園児の引き渡し時)

   園児の引渡しは、新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては、廊下など保育室の外で行うこととします。

(2)保護者の入室(面談)

   保護者との面談は、マスクの着用、体温の確認など感染症対策を徹底の上、実施することとします。

(3)利用申込者の入室(面接)

   利用申込の面接は、感染予防を徹底したうえで、原則、実施します。各保育施設は、実施に当たり、3密を防ぐ工夫を行います。

   ただし、保護者及び児童が面接日❶37.5度以上の発熱がある、❷解熱後24時間を経過していない、❸呼吸器症状が回復していない場合は、面接を延期することとします。

見学者の入室

見学は、埼玉県が示す新型コロナウイルス感染症に係るレベルに応じて、対応することとします。

  • レベル0・1は、制限なし
  • レベル2は、保育室の外からの見学
  • レベル3以上または、警戒区域アラート等・まん延防止等重点措置・緊急事態宣言の場合は、建物の外からの見学(屋内には入れない)
行事の実施

保育所の行事については、埼玉県が示す新型コロナウイルス感染症に係るレベルに応じて、対応することとします。

  • レベル0・1は、制限なし
  • レベル2は、保護者2名まで行事に参加可能
  • レベル3以上または、警戒区域アラート等・まん延防止等重点措置・緊急事態宣言の場合は、保護者の参加なし。ただし、卒園式・入園式は新型コロナウイルス感染予防を徹底し、保護者1名の参加を可能    

新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応

かかりつけ医等への相談

保護者の皆様におかれましては、ご家庭の中で、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合は、かかりつけの医療機関に速やかにご相談ください。また、かかりつけ医の指示により必要に応じて草加保健所(048-925-1511)へご連絡ください。

保育施設への連絡

保護者の皆様におかれましては、ご家庭の中で、濃厚接触の疑いのある場合、PCR検査を受診予定である場合につきましては、ご利用中の保育施設へ速やかにご連絡ください。

児童・職員に陽性者が発生した場合

PCR検査結果により、保育施設の児童・職員に陽性者が発生したことが確認できた場合は、保育の途中でお迎えをお願いする場合があります。その場合はご利用の保育施設から直接ご連絡を差し上げます。感染拡大を予防するため、ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いします。

児童等への登園自粛要請

児童本人又は児童のご家庭で感染又は濃厚接触が発生した場合は、次の区分に応じて、自宅待機や登園自粛の対応をお願いいたします。なお、濃厚接触の疑いのある場合についても、登園自粛の協力を要請する場合があります。

児童本人が感染した場合
  • 保健所等の指示により登園は行わない
  • 要請期間は、新型コロナウイルス感染症が完治したことを医師が確定診断するまでの間
児童の家族が感染した場合
  • 登園自粛
  • 要請期間は、家族の発症日又は家庭内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日目として5日間を経過する日までの間
児童本人が濃厚接触者となった場合
  • 登園自粛
  • 要請期間は、感染者と最後に接触した日から5日間を経過する日までの間
児童の家族が濃厚接触者(濃厚接触の疑いのある者を含む)となった場合
  • 登園自粛の協力要請

保育施設の休園

保育施設に感染者等が発生した場合は、次の区分に応じて休園としてまいります。臨時休園については、感染者が最後に登園(出勤)した日の翌日から起算して概ね2日間とします。ただし、(1)濃厚接触者の存否、(2)感染経路の明否、(3)地域の感染拡大の状況を踏まえ、保健所等からの助言を基に、期間を短縮又は延長する場合があります。

職員・児童に感染症が発生した場合
  • 症状発症前2日の間に登園ありの場合、濃厚接触者の特定作業及び消毒作業のため、おおむね2日間休園
  • 登園なしの場合、通常保育
職員・児童が濃厚接触者と特定された場合
  • PCR検査中及び陰性の場合、通常保育
  • 陽性の場合、濃厚接触者の特定作業及び消毒作業のため、おおむね2日間の休園
児童・職員の家族が濃厚接触者と特定された場合
  • 通常保育
保育料の減額

新型コロナウイルス陽性者の発生により臨時休園又は早迎えとなった場合は、その期間の日数分を日割り計算して、保育料を減額します。減額分の保育料は、翌月に還付します。

教育・保育施設及び学童保育室における新型コロナウイルス感染症患者に対する行動調査ガイドライン

市では、埼玉県において「濃厚接触者の特定(積極的疫学調査)」のうち、患者の同居人、高齢者施設、医療機関等の一部を除き、実施しないとしたときに、教育・保育施設等で患者が発生した場合の濃厚接触者の特定作業を市で行うこととします。市(教育・保育施設等)では、保健所において実施されていた方法に沿い、ガイドラインを定め、濃厚接触者(本ガイドラインでは「要観察者」としています。)の特定作業を行います。なお、職員及び児童が要観察者に特定された場合は、次のとおり登園自粛をお願いすることとなります。保護者の皆様には、新型コロナウイルス感染予防のため、大変なご不便をおかけいたしますが、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症患者に対する行動調査ガイドライン(第2版).pdf [ 426 KB pdfファイル]

要観察者の判断基準

  • 患者の気道分泌液又は体液等の汚染物質にゴム手袋などを利用せず、直接触れた可能性の高い者※接触後に手洗いや手指消毒など感染予防を行った場合は、該当しません。
  • (1)手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、(2)必要な感染予防策(マスク着用)なしで、(3)患者(児童又は職員)と15分以上接触(会話、握手、だっこなど)した者

要観察者となった場合の対応

要観察者に該当した場合は、新型コロナウイルス感染予防のため、患者との最終接触日又は患者の発症日(無症状の場合は検体採取日)のいずれか早い日の翌日から5日間、登園自粛をお願いすることとなります。