高齢受給者証とは

70歳になると、75歳(後期高齢者医療制度に移行する)までの間、「高齢受給者証」が交付されます。

これは医療機関での窓口負担割合を示す証明書で、所得の状況などにより2割負担または3割負担の記載がされています。

そのため、70歳から74歳までのかたは、医療機関で受診されるとき、国民健康保険証とあわせて高齢受給者証を提示する必要があります。

なお、「高齢受給者証」は医療費の窓口負担が変更になる前の月の下旬頃に市役所から世帯主名義で送付します。

また、窓口負担割合が変わらず、3割負担の方にも「高齢受給者証」は交付されます。

70歳の誕生日を迎える方へ

負担割合は2割または3割

70歳の誕生日の翌月(誕生日が1日の方はその月)から医療費の窓口負担が2割になります。

ただし、一定所得以上ある方と、同一世帯の70歳以上の方は3割負担です。

詳しくは、前期高齢者区分についてをご覧ください。

高齢受給者証の使用開始時期

70歳の誕生日の翌月(誕生日が1日の方はその月)から

(例)令和2年4月1日に70歳の誕生日を迎える方は、4月の診療から

   令和2年4月2日から5月1日に70歳の誕生日を迎える方は、5月の診療から