マイナンバーカードの交付は、法律の定めにより、原則としてご本人の来庁が必要です。


 ただし、以下のやむを得ない理由により本人の来庁が困難な場合は、代理人による受取りができます。

 (1)入院、身体の障害 (2)長期出張 (3)申請者本人が未就学児

 ※(1)および(2)の場合は、理由を証明する書類の提出が必要です。

 また、令和2年4月21日から、当面の緊急措置として、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を受けて外出自粛を行っている申請者については、代理人による受取りが可能となっています。

 「仕事が多忙」「通学」といった理由は、認められません。

 代理人が来庁される場合は以下のものを持参してください。


 申請者が15歳未満(未就学児を除く)または成年被後見人の場合は、必ず法定代理人とご本人が一緒に受取りに来てください。

 【15歳未満または成年被後見人の方がマイナンバーカードを受け取る場合について、詳しくはこちら】

 ※法定代理人の方がお越しになれない場合は、市民課までご相談ください。

必要なもの

1.入院、身体の障害、長期出張などのやむを得ない理由により、申請者本人の来庁が困難であることを証明するもの 
 例)身体障害者手帳、介護認定を受けている旨が記載された介護保険被保険者証、特定医療費(指定難病)受給者証、1ヶ月以内に発行された入院料記載の領収証、本人が施設に入所していることを証明するもの、長期出張の事実が分かる会社からの辞令など
 ※未就学児の申請者・新型コロナウイルス感染症の拡大防止を受けて外出自粛を行っている申請者については不要

 ※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため外出自粛を行っている場合には、8.代理権者の確認書類のうち、「個人番号カード交付・電子証明書発行通知兼照会書」の委任状欄余白に、申請者本人又は法定代理人(親権者等)が「新型コロナウイルス感染症の感染防止のために外出を自粛している」旨を記入してください。

 ※「仕事が多忙」「通学」といった理由では、認められません。


2.個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書
 あらかじめ裏面の回答書に住所・氏名を記入し、押印してください。


3.通知カード(お持ちの方のみ) 受付当日に回収します。(紛失した場合は交付当日、窓口で申し出下さい。)


4.住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)受付当日に回収します。


5.マイナンバーカード(お持ちの方のみ)受付当日に回収します。
 マイナンバーカードをお持ちの方は原則返納となります。
 (紛失等によりお持ちのカードを返却いただけない場合は、再交付手数料をいただきます。)


6.申請者本人の本人確認書類
 A書類2点、またはA書類B書類を1点ずつ、またはB書類3点(うち写真つきを1点以上)
 【具体的な書類について詳しくはこちら】

 ※申請者本人が長期で入院している(または介護施設等に入所している)方で、顔写真つきの書類がない場合は、病院長または施設長が交付申請者の顔写真を証明した書類(別紙様式第1.pdf [ 46 KB pdfファイル])を、写真つきのB書類として使用することが可能です。

 ※申請者本人が15歳未満の方で、顔写真つきの書類がない場合は、法定代理人が交付申請者の顔写真を証明した書類(別紙様式第2.pdf [ 47 KB pdfファイル])を写真つきのB書類として使用することが可能です。


7.代理人の本人確認書類
 A書類を2点、またはA書類B書類を1点ずつ
 ※代理人は本人確認書類2点のうち、必ず1点は官公署発行の顔写真つき本人確認書類(A書類)が必要です。


8.代理権者の確認書類

「個人番号カード交付・電子証明書発行通知兼照会書」の以下の欄に、申請した本人が記入したもの

  • 回答書欄に申請した本人の住所・氏名を記入する。
  • 委任状欄に申請した本人の住所・氏名を記入する。

 ※申請した本人が身体の故障等の理由で記入できない場合は市民課にご相談ください。

(新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止を受けて外出自粛を行っている申請者については、委任状欄余白に申請者本人又は法定代理人(親権者等)が「新型コロナウイルス感染症の感染防止のために外出を自粛している」旨を記入してください。)

  • 代理人欄の住所・氏名を記入する。
  • 電子証明書等の暗証番号欄を記入し、目隠しシールを貼る。

 

PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布しているADOBE READER(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビリーダーダウンロード  アドビリーダーのダウンロード(外部リンク)