催眠商法(SF商法、特売会場)

主な傾向

「粗品を配っている」「新商品を紹介している」など、おもに高齢者を誘い、締め切った会場に人を集めて台所用品などを無料で配って気分を盛り上げておいて、最終的には非常に高額な商品を売り付ける手口です。

高齢者が1人で住んでいる家を見はからって自宅に誘いに来ることもあり、契約後は商品とともに自宅まで車で送り、その場で代金を現金払いさせたり、自宅に現金がないと銀行まで同行してお金を引き出させたりする強引な業者もいます。
契約書は渡されず、クーリング・オフをしたくても所在が分からない場合もあるので注意が必要です。

主な商品・サービス

  • 健康布団、健康食品、電気治療器など

アドバイス

  • 無料という言葉につられて安易についていかないようにしましょう。
  • その場の雰囲気に流されず、本当に必要なものかを冷静に判断しましょう。 
  • 高額な商品の現金払いは避けましょう。たとえクーリング・オフにより法律上は返金を求めることができたとしても、一旦支払ったお金を悪質業者から取り返すのは非常に困難です。
  •  困ったときは、すぐに市消費生活センターにご相談ください。
市消費生活センター

電話 048-982-5111(内線450)または消費者ホットライン188番へ
所在地 吉川市役所商工課内(保健センター2階)
開設日 月・火・木・金曜日 ※祝日・年末年始を除く
開設時間 午前10時から午後4時まで ※正午から午後1時までを除く、受付は午後3まで

市消費生活センター案内ページ

その他の相談窓口

市消費生活センターがお休みの日は、埼玉県(川口、春日部、川越、熊谷)消費生活支援センターをご利用ください。

開設日 平日、午前9時から午後4時まで ※川口のみ、土曜日も電話相談を受け付けています。

県消費生活支援センターはこちら(外部リンク)